« 第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式 | トップページ | エクソダス:神と王 »

2016年1月15日 (金)

NCIS:LA シーズン6

第6シーズンまで見終わりました。
前回記事(→こちら)以降の、第5シーズンから先に話をします。

まず思い出すのは、100話記念の回で、カレンの父親にまつわる話。以前ルーマニア関連の話で出てきたコメスクに絡み、父親の姿を収めた8ミリフィルムを発見して、見ながら涙するカレンに私も泣き・・・。ちなみにこの父親の話はシーズン6でも出てきました。

ケンジーはアフガニスタンに長期派遣され、ホワイトゴーストなる男の暗殺を命じられていましたね。そこで元恋人のジャックに会いますが、このジャックを演じるのが、「リゾーリ&アイルズ」のおバカイメージがいまだとれないマシュー・デル・ネグロ。現地で一匹狼の捜査をするサバティーノには「ER」などのエリク・パラディーノ。


ホワイトゴースト事件の失敗で、ヘティがDCで責任を追及されたりもしました。ヘティが国家の安全を盾に証言を拒むシーンは、「ブラックリスト」のリジーと一緒だなーと。追及の先頭に立つ議員には、ジョン・ハード(「サウスランド」)。

そして今シーズンの注目は、カレンにようやく訪れた(?)春。サムの妻ミシェルの紹介でジョーと付き合い始め、順調そうなのが何よりです。
でも、自分の正体を隠してつきあってて、彼女が絡む事件が起きたらあっさり身分を明かしちゃったのはいいのー?と思ってしまいました。そもそもNCISって、普通に名乗っちゃいけないものなのでしょうか?

ディークスが以前恋愛指南を受けたインドの精鋭グルカのサパも再登場しましたね。なかなかいいキャラだったので準レギュラーになってほしかったのに、ラストは残念な結果に・・・。
サパが護衛を命じられたインドのスパイにはパーミンダ・ナーグラ(「ER」「ブラックリスト」)。彼女と交渉するCIA局員はマイケル・ガストン(「メンタリスト」)。

最終話は、カレンの知人でロシア人のアルカディに関わる事件で、先のカレン父の詳細情報もありましたが、まだ裏がありそうな終わり方でしたね。

ディークスがロス市警の内部調査を受けるという話もあったけれど、真の目的と黒幕は不明なまま、それっきりだったので、何だかもったいぶってて肩すかし。でも、次シーズンに明らかになるのかもしれません。

« 第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式 | トップページ | エクソダス:神と王 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

ようさん~ん!
おバカな私は・・・まず「NCIS」の意味からスタートしないと・・・
今、スパドラさんで放映されているので、数回見ましたが・・・・
「へ?へへ?へへへ??」という感じで・・・

海軍絡みの事件が、なんですか?
私の見たところ・・・って、沢山沢山シリーズ、ありますよね?
わぁ~ん・・・分からない・・・何が何だか・・・

えっと・・・メンバーのアレコレどーした、もメインなんですよね??

・・・もう、私のバカ!バカ!!

ようさん、ゴメンね・・・全く感想にもなにもなっていないコメントですわ(笑)

リィンさん、わざわざコメントありがとうございます。

スパドラで放送中の「NCIS」本家をご覧になっているんですね?
「NCIS」は元々「犯罪捜査官ネイビーファイル」というドラマのスピンオフで、
私はこちらのドラマは見ていないのですが、
海軍の軍事裁判を描いた法廷ドラマだったようです。
NCISは、海軍と海兵隊が関わる事件を捜査する組織ですが、
結果的に一般人が被害者だったこともありますね。
また、海軍ということで、たまに海外に派遣されたり、
軍艦に乗り込んで捜査したりもしています。

この「NCIS」が好評で、スピンオフのスピンオフも出来たわけなのですが、
「L&O」で言うなら、「CI」や「SVU」との関係というよりは、
場所だけ変わった「LA」や「UK」のような感じで、
「NCIS:LA」と「NCIS:ニューオーリンズ」が出来ました。
LAは一応潜入捜査に特化しているという違いはあるようですが・・・。

私は本家が一番好きですが、犯罪捜査を楽しんでいるというよりは、
ギブスを演じるマーク・ハーモンが好きなのと、
他のメンバーのおちゃらけ感がいいのかなーと思っています。
トニーは私と同様の映画オタクだし、ティムは私が好きなIT系だし、
オリジナルの女性捜査官ケイトは、リィンさんも確か見ていらっしゃった
「リゾーリ&アイルズ」のサッシャ・アレクサンダーでした。

ようさん、簡単でもよく分かる解説!有難う御座います~。
泣きながら(笑)読みましたよ・・・
あぁ~『犯罪捜査官ネイビーファイル』が、親(?)なんですか。
これは、ちょっと数話見ましたよ。
今「ヘッ?」と思ったのは、『~ニューオーリンズ』なんです。
本家ではなく、先に別場所を見たって、ことですね、私(笑)
でも、特に本家見ないと分からんって内容でもなさそう・・・
でも本家を知っていると、二度美味しい!って感じなんでしょうねぇ(ウンウン)
でもでも、どうもキャラ魅力で人気がってドラマのようですね。
なんか、世間知らずの(笑)私・・・
すごく人気があるようなので・・・で、私も追いつくぞ(笑)と視聴したんですがね。
「エッ?エエェェ??」になって・・・う~ん、本家を見るべきなのでしょうか?
私を相性いいかなぁ~と、なんか根源的な(笑)疑問発生中です(笑笑)

リィンさん、確かに「ニューオーリンズ」から入ってもOKかもしれませんね。
「二度美味しい」という意味では、最初の数話に、
本家のキャストが何名か出演していました。(今後も出るのかな?)
ただ、「ニューオーリンズ」版は、私はまだハマれていません。
結局キャラありきのドラマなので、キャラに魅かれないうちはダメなのかも・・・。
そういう意味で、「LA」版もしばらくは、それほど好きではなかったのですが、
シーズンが進んでから、少しずつ面白く思えるようになりました。
そういうドラマですから、リィンさんが共感を持てるキャラがいなければ、
相性はいいとは言えないかも?というのが結論かも??です(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/63081809

この記事へのトラックバック一覧です: NCIS:LA シーズン6:

« 第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式 | トップページ | エクソダス:神と王 »