2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« 今日のつぶやき: 五代ロス | トップページ | 警察署長ジェッシィ・ストーン (3) »

2016年1月23日 (土)

警察署長ジェッシィ・ストーン (2)

1ヶ月ほど前に最初の3作を見た(→こちら)シリーズの、4作目から6作目までを見ました。


「訣別の海」 Sea Change
大きな事件もない田舎町パラダイスで、元妻が忘れられず深酒をするジェッシィは、見かねた精神科医ディックスの勧めで、未解決の昔の事件を調べ始めます。
一方、パラダイス署に持ち込まれたレイプ事件の捜査のため、ジェッシィはローズを担当につけます。


モリィが出産のため退職してローズ(キャシー・ベイカー)に交代、スーツことシンプソンは昏睡のままでした。スーツはその後目覚めたけれど、本調子ではない感じ。


ジェッシィがモテ男なのは相変わらずで、本作でのお相手は、レイプ容疑者の恋人(演じるのは久々に見たショーン・ヤング)と、未解決事件の被害者の姉。

また、以前にも出たヘイスティ(ソール・ルビネック)が刑務所内からジェッシィに情報を提供、新しくマフィアのボス、ジノ・フィッシュ(ウィリアム・サドラー)も出てきて、なかなか印象的でした。


「薄氷を漂う」 Thin Ice
州警察の友人ヒーリィに頼まれて、一緒に深夜の張り込みをしていたジェッシィ。突然何者かの襲撃を受け、ヒーリィは重傷、ジェッシィも怪我を負います。
同じ頃パラダイス署には、7年前に赤ちゃんを亡くした女性が現れ、子供が生きていてパラダイスにいるようなので調べてほしいと言ってきます。

ローズ、スーツ、ディックスも再登場。マフィアのジノも、ジェッシィがこっそり情報をもらう仲に。
そして今回のジェッシィのお相手は、ヒーリィの事件で内務調査をするシドニー(レスリー・ホープ)。

最初の3作でも出ていた小児科医で監察医のドク・パーキンスが気になっているのですが、前作も本作もほんのちょっとしか出ていなくて、もっと活躍してほしい! パラダイスでは死人がなかなか出ないから仕方ないけど・・・。

最後、事件は無事に解決したものの、ジェッシィは停職処分に。でも、赤ちゃんを亡くした女性(カムリン・マンハイム)に事件の報告に向かうらしいラストがなかなか良かったです。


「非情の影」 No Remorse
ジェッシィが停職となったため臨時署長となったスーツは、ローズと2人で、パラダイスで起きたコンビニ強盗の捜査にあたります。
ジェッシィは、彼を心配する州警察のヒーリィに助けを求められ、コンサルタントとしてボストンでの連続殺人事件捜査を手伝います。

ここへきてジェッシィに大きな変化が! というのも、彼はずっと携帯を持つことを拒否していて、小銭をかき集めては公衆電話から掛けたりしていたのですが、元妻からの電話を取らないために自宅の固定電話を破壊coldsweats01。晴れて携帯ユーザーとなりました。

でも笑えるのは、「誰にも教えるな」といいながら、いろんな人に番号を伝えているところ。ローズやスーツはまだしも、コンビニ店員の子にまで・・・。ただ、都合よく(たまに都合悪く)、自宅は圏外になっています。

すっかりお馴染みになったジノ・フィッシュや、ヘイスティ&彼の元妻シッシィ(ステファニー・マーチじゃなくなった)も出ていますが、精神科医で元警官のディックスが、警察を辞めることになったいきさつを語るシーンが、心動かされました。

原作者のロバート・B・パーカーがこの年亡くなったらしく、ラストでは彼に捧げると表示されていましたね。
ただ、今回視聴した中で、原作が基になっているのは「訣別の海」だけ。後の2作はテレビムービー用に作られたみたいで、トム・セレックも共同でストーリーを考案、「非情の影」は脚本も手掛けていました。

« 今日のつぶやき: 五代ロス | トップページ | 警察署長ジェッシィ・ストーン (3) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/63120751

この記事へのトラックバック一覧です: 警察署長ジェッシィ・ストーン (2):

« 今日のつぶやき: 五代ロス | トップページ | 警察署長ジェッシィ・ストーン (3) »