« フルートベール駅で | トップページ | グレイズ・アナトミー シーズン11 »

2015年12月28日 (月)

フランシス・ハ

引き続きミニシアター系の作品を視聴しました。

ニューヨークでプロのダンサーを目指すフランシス。恋人ダンから一緒に住もうと誘われても、ルームメイトで親友のソフィーが困るからと断って別れたのに、ソフィーはリサとルームシェアをするからと言ってあっさり引越し。困ったフランシスは、パーティーで会ったレヴとベンジーの家に居候するも、当てにしていたダンサーの仕事がダメになって金欠になり、今度はダンサー仲間レイチェルのところに転がり込みます。


物事がどんどんよくない方向に転がっていくところが、この間見た「コーヒーをめぐる冒険」と同じようなトーンのコメディでした。モノクロの映像も一緒だし。

ただし、同じツイてない状況でも、あちらのニコが情けなさ全開なのに比べ、フランシスはドジでおマヌケだけど愛嬌があって憎めませんでした。

お金がない彼女が、「税金が戻ってきた!」と喜んでレヴを食事に誘ったものの、カードが使えずATMに走る姿が可愛いかったです。でも、ATMがすぐに見つからないのはお約束。おまけに、途中でコケて腕から血を流しちゃって・・・。

どこかで自分の才能に限界を感じて、夢を諦めなきゃならないって辛いですよね。アーティストなら尚更でしょう。
しかも仕事だけでなく、親友だったはずのソフィーとも疎遠になって、せめてどちらか一つでもうまくいけば救いはあるのに、と思ってしまいました。

でも、フランシスに悲壮感はなく、常に前向きに生きている気がしました。そして、最後はいつのまにかフランシスも成長して、ソフィーと立場が逆転したようでした。
それと、タイトルのフランシス・「」の意味も、ラストで明らかになりました!

フランシス役のグレタ・ガーウィグという人は初めて知りましたが、レヴは「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」でもルーウィンに部屋を貸していたアダム・ドライバー(「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」にも出ているらしい)。
ダンサー仲間レイチェルには「ニュースルーム」のグレース・ガマー(姉のメイミーと区別がつかないbearing)。ソフィーの彼氏パッチにパトリック・ヒューシンガー(「救命医ハンク」のアダム)。

そして、フランシスがダンスの仕事を失った後働いていた母校の寮で、料理を担当していたのはピーター・スカナヴィーノ! 「ゴールデン・ボーイ」に続き、ここにも出ていました。

« フルートベール駅で | トップページ | グレイズ・アナトミー シーズン11 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/62954914

この記事へのトラックバック一覧です: フランシス・ハ:

« フルートベール駅で | トップページ | グレイズ・アナトミー シーズン11 »