2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« ウォールフラワー | トップページ | カレンダー・ガールズ »

2015年10月16日 (金)

刑事フォイル

前からAXNミステリーでこのドラマを放送していたのは知っていましたが、イギリスの刑事ドラマは山ほどあって、しかも「フロスト警部」だの「バーナビー警部」だの「ルイス警部」だの似たようなタイトルばかり。
こちらも同様で興味がわかずスルーしていましたが、NHKでも放送が始まったので、気になって見てみたところ、面白くて見続けています。

1940年5月。田舎町ヘイスティングスの警視正フォイルは、戦争中で人手もなく大事件も少ない地元にいるよりも、自分の能力を活かせる任地への転属を希望しますが、上司に却下されます。
そして、人員不足解消のため軍から運転手兼助手のサマンサをつけてもらい、負傷して除隊になった元警官のミルナーも補佐にして、3人で捜査をすることになります。


上述のように数ある英国ミステリですが、これは第2次大戦を舞台にしているところが一味違います。

とはいえ事件そのものは、突き詰めれば家庭内のいざこざや愛情のもつれ、ビジネス上のトラブルなど、いつの時代にも普遍的な理由による殺人で、空襲や兵隊といった要素に味付けされて、戦時中らしい設定に感じられるようになっています。

NHKでなく帯放送中のAXNミステリーの方を見ていますが、連日放映についていくのが大変で、視聴がちょっと遅れ気味。現在第3シーズンの1話目まで見終わったところです。
1941年まで話が進んだせいか、だいぶ戦争色が色濃くなり、戦時下ならではの事件も見受けられはじめました。

第8シーズンですでに終了しているドラマですが、放送開始は2002年ということで、1話目から若いロザムンド・パイク(「ゴーン・ガール」)や、ジェームズ・マカヴォイ(「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」)に至っては結構端役で出ていたし、第2シーズンの第3話ではエミリー・ブラント(「オール・ユー・ニード・イズ・キル」)を見つけてビックリしました。

その他、エドワード・フォックス(「ジャッカルの日」)、チャールズ・ダンス(「イミテーション・ゲーム」)、トビアス・メンジーズ(「シャドウ・ライン」)、エリオット・コーワン(「ダ・ヴィンチと禁断の謎」)、アンソニー・カルフ(「ニュー・トリックス」)など、毎回のように見知った顔が出ています。

でも一番嬉しかったのは、直近の第3シーズン第1話に出てきたサミュエル・ウェスト! 今年「ケンブリッジ・スパイ」というミニ・シリーズを見た時に、ルパート・ペンリー=ジョーンズ狙いだった私が、彼演じる王室に縁故もあるスマートな隠れゲイのアンソニーにすっかり魅かれてしまいました。

同時期に見ていた(でも3話で挫折)「セルフリッジ 英国百貨店」にも出ていて、更にはこの間「Law&Order:UK」のシーズン3(本国ではシーズン5)でも見かけ、そして今回と、また一人好きな英国俳優が増えました。

ちなみにAXNミステリーでは、第4シーズンの前半・後半を別シーズンと位置づけ第9シーズンまでとしているようです。また、NHKの方は1話を前後編に分けて放送、全28話とのことなので、第4シーズン前半までをまとめて放送するのではないかと思われます。

冒頭でスルーしていると書いた英国刑事ドラマですが、このところ「ミステリーinパラダイス」に「グランチェスター」「ニュー・トリックス」など英国ミステリばっかり見ている気がするので、「○○警部」の類いも「見ず嫌い」はやめてトライしてみようかと思案中です。時間があれば、ですが...。

« ウォールフラワー | トップページ | カレンダー・ガールズ »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

おぉ、ようさん、ご覧になっていますか!
私も、NHKさんで開始になったので・・・見ておりますよ。
しかし~ミステリー要素は、あくまでの添え物って感じの視聴です。
ゴメンなさいです・・・
多分、WW2時代じゃなかったら、見なかった可能性が・・・(笑)
私の場合、戦時下ドラマ、そして事件がありまして~ですわ(笑笑)
今は、第4話ですが、この時はどれだけドイツの勢いがあったか!
ドラマで、ドイツに関しての言及を聞く度に思いますね。
なかなか丁寧に描かれているかと・・・そう思っています。
ちょっと・・・庶民の描写は少ないかナァ?
事件も、中流以上の方々が~って気もしますし。
その辺は、私的に不満ですが(ってこんな不満あるの、多分私だけ)
フォイルさんが、出しゃばらないのが気に入っています。
それと、事件が、私でも犯人が分かるという点も(笑)

第2次大戦といえばナチス、ナチスといえばリィンさんですよね⁈
時代背景が目的でこのドラマをご覧になっているのも納得です。
ストーリー的には、第1シーズンよりも第2シーズンの方が、
戦争中であることを実感するような事件が多いかもしれません。
ナチスとの戦いもちょっぴりだけど出てくるかも...?
リィンさんが望むようなほどではないでしょうが(笑)
フォイルさんは、いつも穏やかですよね。
私も見習わないとなーなんて思いながら見ています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/62497598

この記事へのトラックバック一覧です: 刑事フォイル:

« ウォールフラワー | トップページ | カレンダー・ガールズ »