2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« ブラックリスト シーズン2 | トップページ | ダイ・ハード/ラスト・デイ »

2015年7月18日 (土)

スコーピオン

昨秋アメリカで始まったばかりのドラマで、現在9話目まで見ました。あまり期待せずに見始めたのですが、すぐに気に入りました。

IQ197のウォルター・オブライエンは、子供の頃にNASAにハッキングして捕まり、国土安全保障省のガロ捜査官の目に止まります。しばらくはガロと仕事をしていましたが、とある事件をきっかけに決別。その後ウォルターは、平均IQ170の仲間とチームを組んだものの、思うような仕事は得られず、今ではルーターの修理を請け負う日々です。
そんなウォルターの元へガロがやってきて、LA空港のシステムダウンという緊急事態の対応を頼みます。ウォルターは仲間と共に協力することにします。


このウォルター・オブライエンという天才は実在の人らしく、ドラマのプロデューサーとしても名を連ねています。数学を利用して事件解決っていうのは、以前見た「Numbers」に通じるものがありますが、こちらの方が人間関係に難ありな人が何人も出てきます。


ウォルター以外のメンバーは、メカの天才ハッピーに、計算と記憶が得意なシルベスター、心理を読むプロのトビーで、ウォルターがルーターの修理をしたダイナーのウェイトレスだったペイジがそこに加わりました。

犯罪捜査自体は、ウィルス拡散だのメルトダウンだの大事件が多くて、リアルさよりエンタメ性を重視している風。爆発シーンとかも多いし。
若干ご都合主義なシチュエーションもなくはないけれど、天才と呼ばれる人たちが、時には頭を使うより体を張って事件解決する姿は、それはそれで面白く見ています。

第6話では、リンダ・ハントがゲスト出演していましたが、ヘティって呼ばれていましたよ! 
...ってことは、「NCIS:LA」? 確かにアメリカではどちらもCBSで放送されているようですが、そのうちクロスオーバーとかしてくれるのでしょうか⁈

天才集団を演じる俳優たちは誰も知りませんでしたが、ガロ捜査官には「ザ・ユニット」「人生の特等席」などのロバート・パトリック。
また最近は、シングルマザーのペイジが育てているラルフ(この子も天才)の父親ドリューが複数話に渡って登場していますが、「ライ・トゥ・ミー」のブレンダン・ハインズでした。

« ブラックリスト シーズン2 | トップページ | ダイ・ハード/ラスト・デイ »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/61907557

この記事へのトラックバック一覧です: スコーピオン:

« ブラックリスト シーズン2 | トップページ | ダイ・ハード/ラスト・デイ »