2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« ルノワール 陽だまりの裸婦 | トップページ | 私はラブ・リーガル フィナーレ »

2015年6月16日 (火)

ハニートラップ

フランス映画だと思っていたら、アメリカ映画でした。

次期フランス大統領と目されるデヴローは、国際機関の理事の仕事でニューヨークを訪れていましたが、滞在先のホテルでメイドを暴行したとして逮捕されます。本人は容疑を否定しますが、彼は以前から女遊びが派手で、過去にも同様の訴えがありました。


Law&Order:性犯罪特捜班」でも取り上げていた、あまりにも有名な2011年のドミニク・ストロス=カーンの事件を基にしています。冒頭で、「着想を得ただけでフィクションです」と断言しているものの、どうしても「実際はこうだったのかな?」と考えてしまいました。


事実はどうあれ、日頃からあれだけ性にだらしなければ、疑われても無理はない気がします。メイドがちょっとお金に欲を出したり、証言の信憑性が問われたりといったことが重なり、最終的に訴追は免れましたが、そういう状況が、ミッテランの愛人にも寛容だったフランス国民をして、さすがに拒否反応を引き起こさせ、大統領選出馬を断念せざるを得なかったのでしょう。

私が本作をフランス映画と思ってしまったのは、ジェラール・ドパルデュー(「めぐり逢う朝」)主演ということもありますが、カイエ・デュ・シネマやカンヌ映画祭など、ヨーロッパで評価の高いアベル・フェラーラ監督をヨーロッパ人と思っていた(実際はイタリア系アメリカ人)せいもあります。

デヴローの野心家の妻シモーヌには、「リゾーリ&アイルズ」のアイルズの育ての母役でも登場のジャクリーン・ビセット。

それにしてもジェラール・ドパルデューは、役柄とはいえ、裸の巨体を惜しげもなく披露coldsweats01。見ているこちらもつい、「あんなお腹でよく病気にならないなー。でも、知り合いにも何人かいるけど、フランス人ってなぜか、あんなにすごいお腹でも内臓疾患とか聞かないのよねー。体質かしらねー」などど、関係ないところで感心してしまいましたhappy01

« ルノワール 陽だまりの裸婦 | トップページ | 私はラブ・リーガル フィナーレ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/61752606

この記事へのトラックバック一覧です: ハニートラップ:

« ルノワール 陽だまりの裸婦 | トップページ | 私はラブ・リーガル フィナーレ »