« セッション | トップページ | アクション映画のような夢 »

2015年5月16日 (土)

ER シーズン14

ファイナルまであと一息! 第14シーズンを見終わったのでコメントします(前回記事はこちら)。シーズン13からを振り返りますが、現在Wowowでも過去シーズンを放送しているようなので、ネタばれにご注意ください。

1番の注目は、落ちこぼれっぽかったモリスがすっかり成長したこと。ニーラを虐める外科の先輩に楯突いたし、ライバル視していたプラットとも仲良くなったし。そんな彼が人質事件に巻き込まれ、それでも冷静に対処し切り抜けたのを見て、彼が頼りになる男になったとようやく確証持てました。

次なる注目はニーラ。かつてはアビーと同期で比較され、看護師上がりのアビーに比べて臨床が得意じゃなかったのに、外科を背負って立つ存在になりましたね。ホッケーでも活躍してたしhappy01

そんな彼女が最終話で接近したブレナー医師(「セイフ・ヘイヴン」のデビッド・ライオンズ)は、アンスポーの甥だそうですが、ダグ、ルカに続く女たらしゲイツのお株を奪う様相です。

そのゲイツは、ニーラ、訪問牧師ジュリア(「24」「ハワイ5-0」のレイコ・エイルスワース)と渡り歩いた後に、サムに落ちついた模様。そしてルカは、モレッティ(「ハンガー・ゲーム」などのスタンリー・トゥッチ)と浮気したアビーを許して関係修復する気配です。
ちなみにモレッティの薬物依存の息子役は、「メンタリスト」のマイケル・レイディ!(最近見ている「インテリジェンス」にも出演中。)

今シーズンは通算300回の記念エピソードもあり、ゲストスターにピーター・フォンダ! その他、ジェニー・ブレ(この間「ブラックリスト」シーズン2でも見かけたグロリア・ルーベン)が再登場するエピソードや、アビーが30年ぶりに再会した父親役のフレッド・ウォード(「ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ」)、シーズン最終話のスティーブ・ブシェミ(「パルプ・フィクション」)など、豪華ゲストスターも楽しみました。

上述の人質事件は、過去に起きた、カーターが患者(「Numbers」のデビッド・クラムホルツ)に刺された事件や、サムの夫(「シングルパパの育児奮闘記」のギャレット・ディラハント)が脱獄した事件を思い起こさせました。今回の事件の発端となる患者の恋人(夫?)には、「クリミナル・マインド」「ダークナイト ライジング」などのジョシュ・スチュワート。

次はいよいよ最終シーズン。ダグ&キャロルも出ると聞いているし、今から楽しみです!

« セッション | トップページ | アクション映画のような夢 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

ようさん、こちらでも(ペコリ)
『ER』何度も何度も見てしまう・・・・名作の所以、ですよね。
特にこのS14は、見ていても辛くなるシーズンだと思っています。
色んなキャラが成長しますが、仰る通り、モリスの激変は注目、ですよね。
登場時には、どうしようキャラでしたが・・・
甥の成長を見守る伯母の気持ち、でしたよ(笑)
ようさんは、ファイナルS15は、未視聴、なのでしょうか?
私は、もう視聴してしまったので・・・でもまた視聴するでしょうネェ。
もう一度、あのラストが見たくて・・・名作は、やはり名作!不滅ですよね~

リィンさん、こちらでも今晩は。
そうなんです、某テレビ局でやっていた時は、途中のシーズンから見逃していて、
スパドラで続きを見始めたので、今更ながら初視聴状態です。
シーズン6でキャロルの登場最終話の時に、ダグのいるシアトルに会いに行って
ジョジクルがニコニコしながら迎えるシーンが今でも忘れられなくて、
今から2人の再登場が待ちきれませんが、ラストがどんなかは全く知りません。
きっと感動するのでしょうね。
と同時に、とうとう終わることに喪失感もありそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/61604060

この記事へのトラックバック一覧です: ER シーズン14:

« セッション | トップページ | アクション映画のような夢 »