2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« デンジャラス・バディ | トップページ | おとなの恋には嘘がある »

2015年4月19日 (日)

ふたりにクギづけ

こちらは2003年作の見逃しコメディです。

マサチューセッツの田舎町に住むボブとウォルトは結合双生児。障害をものともせず、明るく前向きにスポーツでも仕事でもこなしてきました。芝居に情熱を持つウォルトがハリウッドで俳優になりたいと言い出したため、大勢の前に出るのが苦手なボブも兄のために協力し、2人でLAにやって来ます。


コメディだから当たり前なのですが、2人がポジティブに生きているのがすごく良くて、こちらまで元気をもらいました。真面目で、緊張するとパニック発作を起こしちゃうようなボブと、女性を口説く才能に長けたウォルトという対照的な2人が、互いに支え合って成功する姿を見て、ほのぼのとした気持ちになりました。


でも、「メリーに首ったけ」や「愛しのローズマリー」のファレリー兄弟が監督なので、大笑いするシーンも盛りだくさん。下ネタぎりぎりな「パブロフ」の映画や、バーで誘った子と共にする一夜、テレビドラマの撮影に至るまで、笑いまくりでした。

ハリウッドが舞台なので、ボブとウォルトが出会う人たちが皆本人役で、楽しめました。テレビドラマで共演するシェールに、演出のグリフィン・ダン、トークショー・ホストのジェイ・レノ。クレジットなしの大熱演メリル・ストリープに、シェールの年下恋人という設定のフランキー・ムニッズまで。

双子のマット・デイモンとグレッグ・キニアは、「グリーン・ゾーン」の共演の時にもコメントしましたよね。LAのアパートで出会う美女エイプリルにはエヴァ・メンデス。エージェントのオライリーにシーモア・カッセル。
また、見逃しシネマ的発見として、拘置所の警官の一人で出ていたのは、「それ行け!ポンコツ少年野球団」のベン・コールダイクでした。

« デンジャラス・バディ | トップページ | おとなの恋には嘘がある »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/61464991

この記事へのトラックバック一覧です: ふたりにクギづけ:

« デンジャラス・バディ | トップページ | おとなの恋には嘘がある »