2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« ホビット 思いがけない冒険 | トップページ | 今日のつぶやき: 素晴らしき英国俳優たち »

2015年4月 6日 (月)

ホビット 竜に奪われた王国

エレボールを目指すビルボとトーリンたちドワーフ、そしてガンダルフ。途中、オークに再び襲われたり、皮を変える者に助けられたりしながら、とうとうはなれ山の見えるところまでやってきました。しかしガンダルフは、オークの背後で操る者の存在を感じ、事情を探るために別行動を取ることにします。


前回気に入ったキーリが、前作に増してカッコ良すぎー! で、エルフのタウリエル(演じるは「LOST」のエヴァンジェリン・リリー)と魅かれあうのも、「やっぱりね、キーリ、カッコいいもん」と納得の私happy01

でも、「ロード・オブ・ザ・リング」のレゴラスも再登場し、1人で何人も相手に戦う姿が勇ましくて、こちらも捨てがたかったです。そして、湖の町で助けてくれた密売人のバルド(「ワイルド・スピード EURO MISSION」の悪役ショウだったルーク・エヴァンス)も活躍してたし、この3人が本作での注目キャラでした。


ビルボも前回ゴラムから盗った指輪をうまく使って、ここぞという時に姿を消していましたね。エルフに捕らわれたドワーフたちを助け出し、樽に入れるのは小人だからできる技wink。でも、その樽ごと急流に流されながら、連携してオークと戦うドワーフたちは見ものでした。

後半は、はなれ山に向かった一行と、湖の町に残ったキーリたち、そして単独行動のガンダルフと、3手に分かれてそれぞれに危険が及び、ハラハラしました。
特にクライマックスの、トーリンとドラゴンの戦いは、またもや「ギャー! ノー!」と叫びまくりでした。

ところで、冒頭でタイトル表示の直後に画面を横切った通行人は、監督のピージャクだったのでは? 暗かったので確証はありませんが。また、竜のスマウグの声はベネディクト・カンバーバッチだそうで、こちらは言われなければわかりませんでした。

« ホビット 思いがけない冒険 | トップページ | 今日のつぶやき: 素晴らしき英国俳優たち »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/61415209

この記事へのトラックバック一覧です: ホビット 竜に奪われた王国:

« ホビット 思いがけない冒険 | トップページ | 今日のつぶやき: 素晴らしき英国俳優たち »