« CSI シーズン14 | トップページ | ルカ・コバッチュの夢 »

2015年3月26日 (木)

ビッグバン・セオリー シーズン6

こちらも、先週終了した第6シーズンについて。(前回の記事はこちら

予想に反し、新シーズンが始まってもハワードは宇宙から帰って来ませんでした。その間、独り者のラージが仲間にするのがスチュアート! 私は彼が好きなので嬉しかったけど、シェルドンがいじめるので可哀想でした。

そのラージにもとうとう恋人が出来ましたね。でもルーシーは対人恐怖症で、人混みが怖いとか。だったらどうして、ラージと会ったコミックストアのパーティに居られたのか不思議だけど。演じるケイト・ミクッチは、「シングルパパの育児奮闘記」のシェリーです。

パーセプション」でもレヴァー・バートンの新スタトレの話をしましたが、みんなでコスプレするエピソードは笑いました! ちょうど映画を見た直後だったので、よけい楽しめたというのは前掲(「スタートレック8&9&10」)の通り。

シェルドンのデータはピッタリ(C-3POといい、非人間的なキャラがよく似合うhappy01)だけど、レナードのピカード艦長はビミョー...。ラージのクリンゴン星人はまあまあで、ハワードに至ってはボーグ集合体!(映画を見た後でなきゃ、何のことかわからなかった…。)

前回の記事で「グリーン・ランタン」についてのシェルドンの意見を載せましたが、今シーズンも映画絡みの発言がありました。
リブートした「スター・トレック」のスポック役ザッカリー・クイントのことを、最初は嫌がってたのに、結局気に入ったんですって。また、エドワード・ノートンがハルクを降りた時に不満だったけれど、「アベンジャーズ」のマーク・ラファロは悪くなかったとも言っていました。

そうそう、「アルファズ」のシーズン3を待っていて、打ち切りを知らなかったって話もありました。ちなみに、そのドラマに出ていたライアン・カートライト(「BONES」のナイジェルマリー)は、ペニーが通い始めるカレッジで同級生となり、レナードがやきもちを焼くイギリス人役で登場していましたね。

ハリポタの6巻を読み始めたばかりというレナードに、シェルドンとペニーが6巻と7巻のネタバレをするエピソードも。その時は「ちょうど私も読んでんだけど!pout」と思ったけれど、私の場合は映画を既に見ているので、厳密にはネタバレじゃなかったです。


…ダメだ、1シーズンなのに、書くネタが多すぎ…。やっぱり、このタイミングで一旦記事にして正解でした。面白すぎます、このシットコム。シーズン10までの更新が決まっているのも納得です。

« CSI シーズン14 | トップページ | ルカ・コバッチュの夢 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/61333157

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグバン・セオリー シーズン6:

« CSI シーズン14 | トップページ | ルカ・コバッチュの夢 »