2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« 大統領の料理人 | トップページ | CSI シーズン14 »

2015年3月24日 (火)

パーセプション シーズン2

シーズンが終了しました。(第シーズンについての記事はこちら

前回は集中放送だったので、最後のほうはちょっと息切れしてしまいましたが、今回は各週2話ずつだったので、乗り切れました。とはいえ、脳神経科学的見地からの犯罪捜査に対する目新しさは消えたかな? 事件そのものはそれほど興味をひかれなくなりました。

統合失調症を患うダニエルの幻覚は、現実の女性ニューサムの登場で一時収まったかに見えましたが、結局ダニエルは投薬を止めてナタリーの幻覚と付き合う方を選んでしまいました。

その後、学生時代の元カノ(「アントラージュ」などのペリー・リーヴス!)に再会し、彼女のほうは付き合う気満々だったのに、ダニエルは病気を理由に遠慮しちゃったし、やっぱり普通の交際はできないと諦めちゃってるんですかね。

ケイトはというと、今シーズンは元夫のドニーが登場し、ドニーがダニエルをライバル視したり、ケイトとの復縁に向けて前進したりしていましたね。でも、ケイトは、ドニーの過去の浮気がどうしても許せないみたい...。ただ、ドニーがサンディエゴの仕事を受けようかという段になって、ケイトは考え直したようです。

私は、ドニーがどうしても憎めなくて、ダニエルともいいコンビになってきたし、このままケイトと復縁してレギュラーに!と期待しています。ドニーを演じるスコット・ウルフ(先日の「ナイトシフト」や「CSI:ニューヨーク」でもコメント)が好きという理由もあるのでしょう。なので、この展開は歓迎です。

同じくゲスト出演のD.J.クオールズは、FBIのケイトの下で働くIT担当で、数話ながら印象に残りました。今までIT担当はいなかったし、今後も度々登場して、準レギュラー並みになるのかなーとも思っています。

アメリカでは、シーズン3がこのほど放映終了し、結果的にこれがファイナルとなったようですが、私も、残り1シーズン、見続けたいと思います。

ところで、今シーズン発見したこととして、ダニエルの友人兼大学の学部長は、レヴァー・バートンだと気付きました。というより、「ビッグバン・セオリー」でシェルドンに呼ばれて出演した時に彼を覚え、その後「スター・トレック8」を見てつながったのでした。シェルドン、ありがとう!
happy01

« 大統領の料理人 | トップページ | CSI シーズン14 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/61329721

この記事へのトラックバック一覧です: パーセプション シーズン2:

« 大統領の料理人 | トップページ | CSI シーズン14 »