2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« エリザベス:ゴールデン・エイジ | トップページ | ウルフ・オブ・ウォールストリート »

2015年2月19日 (木)

刑事マードックの捜査ファイル シーズン3

シーズン2を見てから苦節4年半happy01、LaLaTV、AXNミステリーと渡り歩き、ようやく今回チャンネル銀河にて第3シーズンを見ることができました。このためにわざわざ契約変更までしたんですよ。それぐらい見たかったわけなのですが。

まずは今シーズンを振り返ります。

第1話は、ウィリアムが記憶喪失のままイギリスに渡ってしまうエピソード。代理刑事がウィルの失踪事件を捜査し、無事生還したウィルにジュリアが抱きつき、キス! これで公認の仲になって2人の関係は進展するかと思いきや、そうでもなかったみたい...。

私が第1シーズンで感心していた(詳しくはこちら)数々の発明や新しい科学捜査は減った気がしますが(指紋採取とかもすっかり当たり前になっていたし)、その分、犯罪の設定そのものの目新しさで勝負していたように思います。


男装して生きてきた女性が被害者だった話では、映画「アルバート氏の人生」を思い出して時代を感じさせましたし、多重人格の女性とその兄の悲しい話、60年前の事件を追う「コールドケース」のような話もあり、なかなか楽しめました。

実在の人物が登場する展開も健在で、かつてコナン・ドイルが出た時には、ブラッケンリード警部が「バスカヴィル家の犬」のアイディアを出したことになっていましたが、シーズン3の第8話では、「タイムマシン」の作者H・G・ウェルズが出て、今回の事件から着想を得て「ドクター・モローの島」を書くことになるようですhappy01

今シーズンでは、ペンドリックなる金持ちが複数話に渡って登場し、ウィルと敵対していましたが、私は最初から、ウィルと科学的興味を共有する彼が憎めなくて、仲良くなってほしいと願っていました。あのシニカルな表情も好みだしbleah
でもそれは、演じるピーター・ステッビングスが、「リスナー」でトビーの上司だったクラインだからかな?とも。ちなみに、オズことエニス・エスマーも第12話でゲスト出演していました。


ここからは、ちょっとネタバレになりますので、ご注意を。
去年の11月にヨーロッパに行った時に、夜テレビのチャンネルを回していたら、このドラマをやっていて思わず見てしまいました。どのシーズンのどのエピソードかは不明なのですが、ウィルがジュリアに渡すはずの指輪を、ジョージがウィルの机の引き出しから見つけて...というくだりがあり、きっと今回渡し損ねた指輪だったのだろうと思います。
どーなる、その後⁈ というわけで、早く続きを放送してくれないかと切に願っています。チャンネル銀河さん、よろしくお願いします!

« エリザベス:ゴールデン・エイジ | トップページ | ウルフ・オブ・ウォールストリート »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/61161779

この記事へのトラックバック一覧です: 刑事マードックの捜査ファイル シーズン3:

« エリザベス:ゴールデン・エイジ | トップページ | ウルフ・オブ・ウォールストリート »