« ゼロ・グラビティ | トップページ | ハンガー・ゲーム & ハンガー・ゲーム2 »

2015年1月31日 (土)

マラヴィータ

こちらも公開時にちょっと気になっていた作品です。

ファミリーを売って証人保護プログラムを受け、フランスに移住してきたアメリカ人マフィアのジオとその家族。FBIのスタンとその部下が周囲を監視し警護しています。
事情により、南仏からノルマンディーの田舎町に越してきた一家でしたが、殺し屋が南仏での足取りをたどって彼らに近づきつつありました。


アメリカのマフィアがフランスで身を隠すっていう設定が面白いですよね。逆に目立ってしょうがないだろう、って気がするのですが、まあそれはご愛嬌happy01

しかも、パパは気に入らない一般人を「処分」しちゃうし、ママはアメリカ人の悪口を言われたスーパーを爆破、娘は言い寄る男どもを暴力で撃退し、息子は頭脳でいじめっ子と渡り合う。一家全員が魅力的で、目が離せませんでした。

身分を偽るジオが、口実ででっち上げた作家の職業にはまってしまうのがいいですね。彼のような波乱万丈の人生なら、「自分史」も書き甲斐があるでしょうし。
ご近所のアメリカ映画上映会に呼ばれ、手違いで当初の予定と違う映画が届き、それがマフィア映画「グッドフェローズ」で、ジオが喜々として語っちゃうのにも笑。もちろんご存じの方も多いでしょうが、この映画はデニーロが主演し、本作の製作総指揮にも名を連ねるマーティン・スコセッシが監督しています。

最終的に一家が助かるだろうとは想像ついても、ラストはやっぱりドキドキ。彼らにすっかり親近感を持っちゃっているので、殺し屋の手を無事に逃れられるように願いながら見ていました。

ジオ役デニーロの他、ママのマギーにはミシェル・ファイファー。FBIスタンにトミー・リー・ジョーンズ。舞台がフランスなのは、リュック・ベッソン監督だからですねhappy01

« ゼロ・グラビティ | トップページ | ハンガー・ゲーム & ハンガー・ゲーム2 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/61067765

この記事へのトラックバック一覧です: マラヴィータ:

« ゼロ・グラビティ | トップページ | ハンガー・ゲーム & ハンガー・ゲーム2 »