2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« スティーブ・ジョブズ | トップページ | ミッシング »

2015年1月22日 (木)

エージェント・オブ・シールド

年末年始に連続放送していたのを見始めたものの、中だるみしてしまい、このほどようやく見終わりました。

アベンジャーズのニューヨーク決戦後。あの戦いで死んだはずのエージェント・コールソンが実は奇跡的に生還していて、タヒチでの休養後に、再びシールドでチームの指揮を執ることになります。メンバーは、騎兵隊と呼ばれるエージェント・メイに、格闘の達人エージェント・ウォード、エンジニアのフィッツと物理化学専門のシモンズです。
ある時、シールドを批判するハッカー集団ライジング・タイドの一人スカイが、特殊能力を持つある男の動画をネット上に載せたことから、シールドはスカイに接近。そしてコールソンはスカイに、ハッキング能力をシールドで活かさないかと持ちかけます。


最初は面白かったのですが、10話目ぐらいから飽きてきだして、13話ごろに一旦中断。その後再開するも、集中視聴する気にはならずに、休み休みやっと最後まで到達したという感じです。多分、途中から私の苦手な続き物語になってきたからですよね。最初は1話完結っぽかったのに。


メンバーの中では、クールビューティーのメイも捨てがたいですが、分析系好きの私は、やっぱりフィッツとシモンズがお気に入り。いつも2個イチで「フィッツシモンズ」とまるで一つの名前のように呼ばれています。フィッツの使う空飛ぶ小型調査機は超優れもの。7体あるので7人の小人になぞらえているのも面白いです。

アベンジャーズ」の中でスタークの秘書がコールソンとプライベートな話をしていましたが、その時に出てきた彼女が、今回ドラマの中でも出てきた元カノ(コールソンは死んだことになっているので別れた)なんですよね? 演じるのは、「ドールハウス」や「パーソン・オブ・インタレスト」など印象的な脇役の多いエイミー・アッカー。
他にも話題として、未知の物体「084」を調査する時に「前回はハンマーだった」とか、「ウォードの諜報能力はナターシャ・ロマノフ以来だ」とか、映画からのネタがちょくちょく出てくるのも楽しいです。

ゲストスターも半端じゃありませんが、映画からは、フューリー長官役サミュエル・L・ジャクソンに、エージェント・ヒルことコビー・スマルダーズ、ソーの仲間シフ役ジェイミー・アレクサンダー。
シールドからは、エージェント・ハンドのサフロン・バロウズに、エージェント・ギャレットのビル・パクストンに、エージェント・ブレイクのタイタス・ウェリバー。そして、フューリー長官の秘密基地を守るパットン・オズワルト(最終話ではビックリしたけど笑えた)。
その他のゲストとして、まずアズガルドに詳しい専門家(実は裏の顔あり)にピーター・マクニコル。敵のヒドラに協力する実業家クインにデビッド・コンラッド。


シーズン2も作られるようで、この調子だと見続けられるか自信がありませんが、映画のほうと連動しているとなると、見ておいたほうがついていきやすいかなと思ったりもしています。

« スティーブ・ジョブズ | トップページ | ミッシング »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/61008048

この記事へのトラックバック一覧です: エージェント・オブ・シールド:

« スティーブ・ジョブズ | トップページ | ミッシング »