2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« ホワイトハウス・ダウン | トップページ | グッドウィン家の遺産相続バトル »

2014年12月 5日 (金)

リスナー ファイナル

結果的にファイナル・シーズンとなってしまったシーズン5を見終わりました。
前回記事を書いたシーズン3終了時(→こちら)以降を振り返りながらコメントします。

まずは第4シーズン。すっかりトビーと信頼関係を築いた相棒のミシェルが、ここで突然ロングヘアにしたのですが、ショートの方が良かったと思ったのは私だけではないはず。それが証拠に、10話目にしてショートに戻し、それ以降は最後まで短いままでしたからね。
ミシェルを演じるローレン・リー・スミスは、「CSI」時代にロングだったけれど、あの時はあまり違和感がなかったのに、今回ミシェルの活動的なイメージにはショートの方がしっくりくるということなのでしょうか。

そのミシェルは、元旦那で別居していたアダムとよりを戻し、今度は順調そうでした。子供も生まれて、仕事と子育ての両立で苦労していたけれど、協力的なアダムのおかげで充実しているようだったし。

一方のトビーは、前回記事中で触れていたジャーナリストのティアに、自分の秘密を知られまいとしていたものの結局は打ち明け、でもその結果ティアは一度は去るのですが、無事に復縁したところでシーズン4は終了しました。

そして今シーズン。上司のクラインが栄転し、代わりにベッカーが市警からやってきました。彼は、かつてトビーと協力していた女刑事チャーリー(詳しくはこちら)の上司で、トビーがチャーリーの死に責任があると思っていたので、最初は完全敵対。
このところ、皆がトビーの能力を知って認めている仲良しチームになっていたので、久々にテンションが高まり、いつも以上に証拠重視の捜査になって、案外いい感じだと私は思いましたが、あっという間にベッカーにも事実がバレて、しかも彼もすんなり受け入れちゃったので、少しガッカリでした。
ベッカーを演じるのは、先日「ホワイトハウス・ダウン」でも言及したアンソニー・レムケです。

デヴは、今シーズン準レギュラー的に登場していた科学捜査担当のアレックスといい雰囲気に。でもなかなか進展しなくてイライラしましたが、最後の最後でデートにこぎつけたので、安心しました。
それ以外の人たちも皆ハッピー・エンディングで終了し、まあまあのファイナルでした。

« ホワイトハウス・ダウン | トップページ | グッドウィン家の遺産相続バトル »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/60770288

この記事へのトラックバック一覧です: リスナー ファイナル:

« ホワイトハウス・ダウン | トップページ | グッドウィン家の遺産相続バトル »