2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« エル・マリアッチ | トップページ | フォーン・ブース »

2014年10月23日 (木)

リーグ・オブ・レジェンド

先日の「エル・マリアッチ」をきっかけに、一昔前の「見逃しシネマ」特集を敢行することに。で、今回はこちら。

1899年。アフリカに引きこもっているアラン・クォーターメインの下に、イギリスを救ってほしいとの要請が来ます。謎の男ファントムの一団が欧州で暗躍しているのを阻止するため、特殊能力を持つチームを率いてほしいというのです。一旦は断るクォーターメインでしたが、結局巻き込まれて、メンバーの勧誘に協力することになります。


アベンジャーズ」風なヒーロー寄せ集めアクション映画ですが、さして評判にもならなかったので、大したことなかったのかなと思いつつ、見逃していました。
他の人はどうか知りませんが、私の場合は、リーグのメンバーがドリアン・グレイやジキルとハイドといった、おおよそアクションヒーローとは縁遠いキャラだったので、最初は抵抗がありました。

でもよく考えれば、「スノーホワイト」も「ヘンゼル&グレーテル」だって、主人公はもともとアクションヒーローじゃないし、結局はストーリーやアクションの見せ方如何ということなのでしょうね。

本作でも、ドリアン・グレイは不老不死=不死身として活躍、ジキルとハイドはハルクが緑の怪物になる前と後の時みたいな設定に。他にネモ船長、透明人間、吸血鬼らがいますが、私は、成長してアメリカの諜報員となったトム・ソーヤーが等身大で一番気に入りました。息子を亡くしたクォーターメインとの親子のような師弟関係も良かったし。
逆に言ったら、注目はそこだけだったので、この2人を主軸にして、他のメンバーはもっとマイナーな位置に追いやるか不要にすればよかったのかも。

クォーターメインを演じるショーン・コネリー以外のキャストが地味なのも、敗因の一つかもしれません。ドリアン・グレイ役は、シャーリーズ・セロンの彼だったイメージしかないスチュアート・タウンゼント(ドラマ「XIII(サーティーン)」は途中で見るの止めちゃったし)。トム・ソーヤーには「ER」のレイことシェーン・ウェスト。後は私も知らない人たちでした。

« エル・マリアッチ | トップページ | フォーン・ブース »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/60541309

この記事へのトラックバック一覧です: リーグ・オブ・レジェンド:

« エル・マリアッチ | トップページ | フォーン・ブース »