2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« スター・トレック (1979) & スター・トレック2/カーンの逆襲 | トップページ | プリティ・リーグ »

2014年10月12日 (日)

グリーンフィンガーズ

本日のお薦め作品はこちら。

長い刑期もあと1年となったコリンは、先進的なエッジフィールド刑務所に移されます。そこは、塀も柵もなく、囚人の自由が尊重され、所長や看守との信頼関係の上に成り立っていました。
自由を楽しむ他の囚人と異なり、コリンは同房のファーガスにも心を閉ざしますが、ファーガスがクリスマスにくれたスミレの種を植えたら偶然咲いたことがきっかけで、コリン達はガーデニングにいそしむことになります。


実話に基づいたストーリーで、期待せずに見始めたら意外に面白かったというのが最初の時の印象でした。クライヴ・オーウェン(「ゴスフォード・パーク」「クローサー」)を知った作品でもあります。

コリンというキャラクター自体は創作なのかもしれませんが、彼の描かれ方がとてもいいです。
コリンの罪だけが後半まで明かされないのですが、心に大きな十字架を背負っているのは容易に想像できます。そのせいですさんだ心になり、最初は陽気なファーガスまで疎んじていたのが、偶然咲いたスミレに感動し、ガーデニングにどんどんハマっていくことで、諦観しきっていた人生に意義を見出しいく様子が、見ていて本当に心地よいです。

完全な大成功ではない結末も、実話ならではという感じでグッド。それにしても、園芸もやっぱり才能なんだなー、それに熱意と道具が加われば最強なんだと思いました。

コリンたちの才能を見抜いて支援する園芸の大家を演じるのは、この手のキャラがはまり役のヘレン・ミレン(「クィーン」「RED」)。刑務所長には、「ダルジール警視」などのウォーレン・クラークです。

« スター・トレック (1979) & スター・トレック2/カーンの逆襲 | トップページ | プリティ・リーグ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/60463561

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンフィンガーズ:

« スター・トレック (1979) & スター・トレック2/カーンの逆襲 | トップページ | プリティ・リーグ »