2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« マイケル・J・フォックス・ショウ | トップページ | 追憶 »

2014年8月17日 (日)

セクレタリアト

アメリカで三冠馬となった馬とその馬主についての実話です。

1969年。専業主婦のペニーは、病気の父を残して亡くなった母の葬儀に出た後、生まれ育った牧場を手放す代わりに自力で立て直そうと決意します。そして、引退しかけていた調教師のルシアンを雇い入れ、サラブレッドのレッドを名馬にして、牧場の再建につなげようとします。


当時、男性社会の中、信念を持ってサラブレッドを育てることは、どんなに勇気がいっただろうと思います。しかも、家族と離れ、家庭を犠牲にしていると思われ、辛いことも多かったと想像に難くない状況で、芯が強く自分を曲げずにいられたのはすごいとしか言いようがありません。

結果が出たから、そういうことすべてが評価されますが、途中の過程に於いては完全な模索状態ですからね。意思が相当強くなければ、そして自分が正しいという確固たる思いがなければ、挫折してしまうだろうと思います。

実話に基づくストーリーなので、三冠馬になるのはわかっているわけですが、それでもレース前には見ているこちらもドキドキ。特にセクレタリアトが、出だしは遅れて後から巻き返すタイプの馬なので、よけいにハラハラしました。

主人公のペニーを演じるダイアン・レインは、「最後の初恋」でも書いたように、同世代ながらお手本にしたい女性です。その他、調教師ルシアンに「RED」のジョン・マルコビッチ。ペニーの夫には「アンフォゲッタブル」のディラン・ウォルシュ。ペニーの兄にディラン・ベイカー。ペニーの父は「ボーン・レガシー」などのスコット・グレン。父親の秘書には「8月の家族たち」でも印象的だったマーゴ・マーチンデール。
また、馬主のペニーを取材する記者に「アントラージュ」のケビン・コノリーが、父の友人ブル役で「Law & Order」のアーサー・ブランチことフレッド・ダルトン・トンプソンが出ていました。

« マイケル・J・フォックス・ショウ | トップページ | 追憶 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/60177410

この記事へのトラックバック一覧です: セクレタリアト:

« マイケル・J・フォックス・ショウ | トップページ | 追憶 »