2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« High Water | トップページ | スプリング・ブレイカーズ »

2014年8月 8日 (金)

ハートブルー

厳密な意味でのサーフィン映画ではありませんが、サーフィンというと思い出すこちらの作品が、今回の「お薦めシネマ」です。

FBIの新人捜査官ジョニー・ユタは、配属されたLAの部署で、歴代大統領の覆面をして効率よく銀行強盗をする一団の捜査をすることになります。相棒のベテラン捜査官パパスが、犯人はサーファーではないかと睨んだことから、ジョニーは仲間に近づくべく未経験のサーフィンに挑戦します。


もう何回も見ているのですが15年ぶりということもあって、ジョニーが射撃練習しているところにサーファーの映像が被る冒頭のシーンを全く覚えていませんでした。
でも、初心者だったジョニーが、見るに見かねて助けてくれた女性サーファーのタイラーの指導を受けて、ボードに立ってサーフィン出来た時には、わかっていても思わず万歳しました。


捜査の過程で、タイラーの元カレでサーファーのボーディと知り合いますが、仕事で始めたサーフィンだけれど、スリルと隣り合わせのスポーツにジョニーがすっかり引き込まれたからこそ、ボーディもそれを見抜いて彼に注目したのでしょうね。
ただ、2人が近づきになれたのがサーフィンではなく、ジョニーが大学時代に選手だったアメフトでってところがミソ。今なら、有名選手だったジョニーがFBIに入局したことはちょっと調べればわかると思うけれど、この当時(1991年)はそうはいかないから正体がバレずに済んだのでしょう。

中盤はちょっと中だるみの感もありましたが、派手な展開のないシンプルで地道な捜査がそう感じさせたのかもしれません。でもそれはリアルな描写の体現でもあり、それはそれでいいのかなとも思います。
ラストもグッド。サーフィンに始まりサーフィンに終わる、まさにサーフィン映画になぞらえたくなる作品でした。

主演を演じるのは、「スピード」でブレイクする前のキアヌ・リーヴス。私は「ゴースト」のパトリック・スウェイジ狙いで映画館へ見に行ったのですが、ハンサムな彼に惚れましたhappy01
相棒パパスに、サーフィン映画「ビッグ・ウェンズデー」のゲーリー・ビューシー。FBIの上司に「Scrubs」のジョン・C・マッギンリー。ジョニーの恋人タイラーには「プリティ・リーグ」のロリ・ペティ。
監督は「ハート・ロッカー」でアカデミー賞も受賞したキャサリン・ビグローで、当時の旦那ジェームズ・キャメロンが製作総指揮を務めています。

ワイルドなボーディ役がこれまたステキだった今は亡きパトリック・スウェイジは、私と同じ誕生日(歳は違うけどcoldsweats01)。自慢じゃないですが同じ誕生日の俳優が多いんですよね。なので今月は、「同じ誕生日の俳優と巡るお薦めシネマの旅」という訳の分からないキャッチフレーズの下、誕生日を共有する俳優が出演する作品を「お薦めシネマ」で紹介していきます。どの映画かは乞うご期待!

« High Water | トップページ | スプリング・ブレイカーズ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/60126851

この記事へのトラックバック一覧です: ハートブルー:

« High Water | トップページ | スプリング・ブレイカーズ »