2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« クレイジーワン | トップページ | センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 »

2014年7月 9日 (水)

センター・オブ・ジ・アース

地質学者のトレバーは、10年前に行方不明になった兄の後を継いで、地球内部の研究をしています。兄の息子ショーンを預かることになったトレバーは、兄の遺品にあったジュール・ヴェルヌの「地底旅行」の中の書き込みから、兄の行方を探す手がかりを見つけます。


前半は、VFXと関係ない地に足の着いたストーリーで、幼い時に父親を亡くしているショーンが叔父さんから女性の口説き方を教わったり、一方のトレバーも大人としての責任感を持ち始めたりと、それぞれの成長物語に見えました。

後半、白雲母の床が抜けてセンター・オブ・ジ・アースに落ちてからは、VFXが始まり、冒険に次ぐ冒険で楽しめました。

私はジュール・ヴェルヌの原作を読んでいませんが、全部本の中に出てくるのでしょうか? 食虫植物との対決は笑えましたし、磁石の岩にはハラハラしました。

ショーンとはぐれてトレバーが探し回るところでは、そのうち再会できるだろうとわかっていても、心配しながら見ていました。
13歳のショーンを演じるジョシュ・ハッチャーソン(「セブン・デイズ・イン・ハバナ」)は、とっても可愛かったです。ちょっと生意気なところもグッドで、成長した今より、この頃の方がいいかも⁈

また、アイスランドの山岳ガイドで2人に同行するハンナは、男2人よりよっぽど頼りになる紅一点で、こちらも気に入りました。

主役のトレバーには、先日の「G.I.ジョー」にもちらっと出ていたブレンダン・フレイザー。続編には出ていないようだし、もうアクション・アドベンチャーからは卒業するつもりなのでしょうか。

« クレイジーワン | トップページ | センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/59951024

この記事へのトラックバック一覧です: センター・オブ・ジ・アース:

« クレイジーワン | トップページ | センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 »