« クリミナル・マインド シーズン8 | トップページ | 間奏曲はパリで (La Ritournelle) »

2014年6月28日 (土)

メニルモンタン 2つの秋と3つの冬 (2 Automnes 3 Hivers)

フランス映画祭が始まりました。今年は4本見る予定にしていますが、その1本目がこちら。

仕事を変わってばかりで定職につかない33歳のアルマン。公園でランニング中に、アメリとぶつかって一目惚れします。
ある日親友のバンジャマンと会った帰りに、路地で強盗に襲われているアメリを助けようとして、結果、強盗に刺されて入院する羽目になりますが、これがきっかけでアメリとは親しくなれます。


予想していたのとは違う、変わった構成ではありましたが、なかなか面白かったです。
登場人物が観客に向かって話しかけるのも珍しいですが(「モダン・ファミリー」とかでもあるけど)、主人公のアルマンとアメリの関係だけでなく、バンジャマンとその恋人カティアに焦点が当てられたり、カティアのいとこヤンのエピソードまで出てきたりするのもユニークでした。


また、チリ鉱山の落盤事故や、アルマンと別れたアメリがアメリカの人気ドラマ(「マッドメン」や「ブレイキング・バッド」「ウォーキング・デッド」と見事に私が見ていないものばかりbearing)を見まくるなど、現代社会を映し出す出来事が挿入されているのも良かったです。

ただ、アルマンとアメリがいつまでもラブラブなのを見て、アメリは定職につかないアルマンに嫌気がさしたりしないのかしら、などと思ったりも。アメリは画廊で働いているけど、生活費はどうしてるのかなとか、ニューヨークに行った友達の家に住んでいるので家賃がなければ何とかなるのか、などと考えてしまいました。
そんなことを思うのも、設定が現実を切り取ったようなリアルさだからこそ気になるのでしょうし、全体的には、恋人たちの悩みや幸せが等身大で、とても身近に感じられました。

« クリミナル・マインド シーズン8 | トップページ | 間奏曲はパリで (La Ritournelle) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/59890260

この記事へのトラックバック一覧です: メニルモンタン 2つの秋と3つの冬 (2 Automnes 3 Hivers):

» たまにはフランス流を! [笑う社会人の生活]
15日のことですが、映画「メニルモンタン 2つの秋と3つの冬」を鑑賞しました。 33歳 定職に就けずにいる元画学生のアルマンは、ジョギング中に知り合ったアメリにひかれる。 ある日 男に襲われそうになったアメリを助けようとしたアルマンは刃物で刺されるが、この事件を...... [続きを読む]

« クリミナル・マインド シーズン8 | トップページ | 間奏曲はパリで (La Ritournelle) »