« 恋のクリスマス大作戦 | トップページ | ブラックリスト »

2014年5月25日 (日)

愛さえあれば

今度は大人のロマンスを求めて、こちらをセレクト。

夫の浮気現場を目撃し傷心のイーダ。娘の結婚式のためイタリアへ向かう空港で接触事故を起こしますが、相手が娘の婚約者の父親フィリップとわかり、一緒に娘の元へ向かいます。しかし、愛想が悪く偉そうな態度のフィリップに好感が持てません。


もっとシリアスな話かと思っていたら、意外とトーンはコミカルでした。でも、登場人物のそれぞれが心に複雑な思いを抱えていて、そのあたりは人生のドラマを感じさせられました。


海岸で泳ぐ「素」のイーダを見て心を動かされるフィリップ、そして少し打ち解けた彼が果樹園で熱く語る姿にイーダも近しさを感じていくというところが、2人の気持ちが手に取るようにわかって、とても自然で秀逸なシーンでした。

居丈高に見えるフィリップが、愛していた妻を亡くし仕事に打ち込むことで感情を押し殺してきた結果だろうことはわかっていましたが、イーダによってその殻から抜け出して心を開き、本当の彼が見えるにつれ魅力的になっていくのが、とても良かったです。

ラストはちょっと唐突かなとも思いましたが、突然気づかされることってあるだろうし、受け入れやすいエンディングではありました。
フィリップ役のピアース・ブロスナン以外の俳優を知らないので、ストーリーにより入り込めたというのもあるかもしれませんが、かなりお気に入りの作品となりました。

« 恋のクリスマス大作戦 | トップページ | ブラックリスト »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/59720668

この記事へのトラックバック一覧です: 愛さえあれば:

« 恋のクリスマス大作戦 | トップページ | ブラックリスト »