2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« ウォンテッド | トップページ | 恋のクリスマス大作戦 »

2014年5月25日 (日)

恋とスフレと娘とわたし

アクションの次は、ロマンチック・コメディが見たくなりました。

3人の娘を育て上げたダフネは、上の娘2人が順調に結婚したのに、末娘のミリーだけ男運がないのを嘆いています。そこでミリーのために出会いサイトに登録し、婿候補を探しはじめます。


ずいぶん過保護な母親でビックリですが、多少極端にしても、親ってそんなものなのかもしれませんね。それに、結婚後の娘たちも交えてスパやらショッピングやらでしょっちゅう一緒にいる仲良し母娘だし、頼りない末娘にどうしても手を出したくなってしまうのは、わからなくもありませんでした。


でも、ミリーもミリーです。母親がアレンジしたジェイソンと、ミュージシャンのジョニーから、同じタイミングで誘われたからって、両方と付き合って二股かけてましたからね。
母親に遠慮して、彼女の薦めるジェイソンを断り切れずにデートするぐらいならわかりますが、気持ちは完全にジョニーに魅かれているのかと思ったら、一方を選びきれずにフラフラする姿にイライラangry

ダフネの出会いも短絡的な感はありますが、こちらはもしかしたら一目惚れならあり得なくないということで、一応許容範囲かと。私自身は、一目惚れを信じていないのですが。

主役のダイアン・キートンとマンディ・ムーアの他、姉2人にローレン・グレアムとパイパー・ペラーボ。ジョニー役には「スーツ」のガブリエル・マクト。ジェイソンに「Law & Order」などのトム・エヴェレット・スコット。
また、ミリーの同僚で「Numbers」のソフィーナ・ブラウンが、精神科医の長女の患者役で「チャック」のトニー・ヘイルが出ていました。

« ウォンテッド | トップページ | 恋のクリスマス大作戦 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/59703176

この記事へのトラックバック一覧です: 恋とスフレと娘とわたし:

« ウォンテッド | トップページ | 恋のクリスマス大作戦 »