2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« オール・イズ・ロスト | トップページ | 映画オタクへの道まっしぐら »

2014年4月13日 (日)

セブン・デイズ・イン・ハバナ

ハバナを舞台にしたオムニバス映画です。

月曜日、アメリカからやってきたテディはパーティで出会った女性に声をかける。火曜日、ハバナ映画祭に招待されたエミール・クストリッツァはディナーを欠席。水曜日、マドリードのクラブで歌う歌手を探しにきた男。木曜日、観光客を尻目に一人さすらうエリヤ・スレイマン。金曜日、女性と寝ている少女を見つけた両親が儀式を執り行う。土曜日、ミルタのケーキ作りに翻弄される家族たち。日曜日、マルタのご近所たちは総出でマリア様の台座と泉を作らされる。


月曜のテディから木曜のスレイマンまで、ホテル・ナショナルに滞在しているようだったので、全編このホテルが舞台なのかと思いましたが、後半は違いました。

しかし、水曜日の歌手セシリアや、月曜のパーティにいたラモンシートなど、登場人物の一部は複数話に渡って出ていましたし、土曜のケーキが日曜日のマルタ用だったなど、エピソードに関連性もありました。

私は、最近注目しているダニエル・ブリュール(「イングロリアス・バスターズ」)が出ている水曜日のエピソードが気に入りました。木曜日は、ひたすら突っ立っている主人公がシュールでとぼけていて、ちょっとウェス・アンダーソンの世界を思い出させました。
エンドクレジットで、ストーリーが全部アニメで再現されていたのも面白かったです。

月曜日のテディ役は、「キッズ・オールライト」「ハンガー・ゲーム」のジョシュ・ハッチャーソン。このエピソードの監督は、これが監督デビューとなるベニチオ・デル・トロ。火曜日のクストリッツァは本人役で、「アンダーグラウンド」や「黒猫・白猫」などの監督です。

« オール・イズ・ロスト | トップページ | 映画オタクへの道まっしぐら »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/59470543

この記事へのトラックバック一覧です: セブン・デイズ・イン・ハバナ:

« オール・イズ・ロスト | トップページ | 映画オタクへの道まっしぐら »