2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« モナリザ・スマイル | トップページ | オール・イズ・ロスト »

2014年4月10日 (木)

マリーゴールド・ホテルで会いましょう

夫を亡くして借金のかたに家を売り払ったイヴリン。判事の職を退官したグレアム。娘の事業に出資して退職金を失ったダグラスとジーンの夫婦。医者の勧めで脚の手術に来たミュリエル。いまだ出会いを求めているノーマンとマッジ。それぞれの思いを抱えながら、ネットで見つけたエキゾチックなインドの長期滞在型ホテル、マリーゴールド・ホテルにやってきます。


前情報から、「きれいなリゾートホテルかと思ったらとんでもないボロホテルだった」と思っていたのですが、どうしてどうして、思ったほど悪くないと感じたのは私だけでしょうか? 確かに設備は悪いし、豪華な四つ星ホテルとはいかないけれど、同様の長期滞在型ホテル「クレアモントホテル」だって簡素でしたしね。

それに、私の知人はムンバイのまあまあいいホテルに泊まったけれど、蛇口をひねったら水と一緒に小さな虫まで出たと言っていたし、インドはそんなものかも?bleah(行ったことがないので、勝手なこと言ってスミマセン。)

それにしても、それぞれ事情があるとはいえ、年取ってから新世界に行くなんて冒険ですよね。勇気あるなーと思ってしまいます。逆に、余生を過ごすだけだからこそ、チャレンジできるのかもしれませんが。
食べて、祈って、恋をして」の例もあるし、欧米人はエキゾチックなインドに魅かれるのでしょうか。少なくともイヴリンは、インドの生活で、夫を失った悲しみにくれる暇もなさそうでした。

意欲的にインドにやってきた人たちの中で、グレアムは観光目的のインドを満喫しているようでしたが、実は幼い頃に家族と駐留していて、今回の旅はかつて友人だったインド人男性にようやく会いに来たのだとわかります。このグレアムが、7人の中で一番印象に残りました。

ホテルのオーナーであるソニーの恋愛や、意地悪っぽかったミュリエルがちょっとしたきっかけで急にいい人になったりと、単純な展開に思えるところもありましたが、ラストは爽やかな終わり方で、後味は良かったです。

出演は、イヴリン役ジュディ・デンチ(「007 スカイフォール」)に、グレアム役トム・ウィルキンソン(「司祭」「ゴーストライター」)、ダグラスにはビル・ナイ(「ナイロビの蜂」)、ミュリエルにマギー・スミス(「ハリー・ポッター」シリーズ)。ホテルのオーナーは、「スラムドッグ・ミリオネア」「ニュースルーム」のデヴ・パテルです。

« モナリザ・スマイル | トップページ | オール・イズ・ロスト »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/59452999

この記事へのトラックバック一覧です: マリーゴールド・ホテルで会いましょう:

« モナリザ・スマイル | トップページ | オール・イズ・ロスト »