« マグノリアの花たち | トップページ | ヤング≒アダルト »

2013年12月 4日 (水)

ボン・ジョヴィのライブ (ツアー2013)

結局行ってしまいました、再びボン・ジョヴィのライブへ。今回は行かないつもりだったのに。
だってぇ、11月に入って四ツ谷の駅にでっかいジョンのポスターが貼り出されて、毎朝前を通る度にジョンに「おいでよ、おいでよ」って言われてるみたいだったんだも~んhappy02
でも思い返せば、前回も行こうか迷った挙句、四ツ谷駅のポスターがきっかけで行くことにしたんですよね。宣伝の方、あの四ツ谷駅のポスターは効果大です(って私だけ?)

チケットを取ったのはほんの一週間前。最後の最後の席って感じで、その最終購入の仲間と思しき人たちはなぜか外人率が高かったです。私の右隣も左隣も外人でした。
そのせいか、最初からテンション高くノリノリで、私もつられちゃったせいか(ハイタッチとかさせられたし)、3曲目だったかな?のRaise Your Handsでもう疲れはじめ、最後のBad Medicineの頃はもうヘロヘロ...。アンコールの前に座ったらもはや立てなくなってしまいました。前回はラストまでずっと立ってたのに! 
でも、一応アンコールの最後、Wanted Dead or Alive と締めのLivin' on a Player だけは礼儀として立ちましたよ。大阪公演ではアンコールだったらしいCaptain Crash & the Beauty Queen from Marsはアンコール前へ、前回「Long long time ago...」と言って笑わせながら演奏してたRunawayは、残念ながらありませんでした。

両隣の外人たちも後半は静かでしたが、ジョンはアンコールでも飛び跳ねてて元気だなーと思ってしまいました。

ただ前回は、登場時には「若い!」と思って後半年相応になったとか思ってましたが、今回は最初から年相応に見えましたbleah。お互いに3歳年取りましたからね! でも、笑顔の可愛いところは変わりませんでした。(→後から聞いたところでは、この日は本調子じゃなかったみたい...。こんなこと書いちゃってゴメンネ、ジョン。)

MCはほとんどなく、「言葉よりもサウンドで伝えたい」みたいなことを言ってましたが、それでも前回同様「30年にわたるサポートとフレンドシップにありがとう!」と言っていたし、最新アルバムWhat About Nowも日本で売れてありがとう、とか言ってましたね。

前回になかったこととして、自分たちの曲以外を演奏していました。私が分かったのは、Great Balls of Fireだけでしたが、何か意図があったのでしょうか。

今回、リッチー・サンボラの代わりにフィルXさんが参加していましたが、なかなか良かったです。聞けば、前にもリッチーの代わりにツアーに参加したことがあるらしいし納得です。私にとっては初お目見えですが、かなり気に入りました。

ジョンは、また是非日本に来たいと言っていましたが、次はいつになるでしょうか。なんだかんだ言って、来日すれば、私はまたライブに行きそうな気がしています...。


※前回のライブについては、こちら

« マグノリアの花たち | トップページ | ヤング≒アダルト »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ようさん、ゴメンね。連投です。
短めに・・・

ロックがお好きなの??!!
ホェ~~~!!コレは意外だった・・・

こんな優しい文章を書かれる方が・・・
ウンウン、その意外性が素敵ですわ!!

カッコいい!!ステキ!!ようさん!!!!!!

私は・・・まぁいろいろ聞きますが・・・
基本はクラシックですね・・・それも古典・・・
ブラームスの交響曲が、人生で最上の音楽って人です。

・・・・・これまた、ハチャメチャな文章から・・・イ、意外??(笑)

リィンさん、こちらもコメントありがとうございます。

私の文章が優しいかどうかはわかりませんが、
性格は非常に男っぽいです。
映画もラブストーリーより無骨な男同士の話とかに魅かれるし、
自分の中では自然なチョイスなんですけれどね。

リィンさんは、基本的に古いもの・歴史・古典がお好きなんですね。
クラシックは普段聞きませんが、機会があったらブラームスも聴いてみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/58698989

この記事へのトラックバック一覧です: ボン・ジョヴィのライブ (ツアー2013):

« マグノリアの花たち | トップページ | ヤング≒アダルト »