« ゲット・スマート | トップページ | ジャーヘッド »

2013年10月17日 (木)

Major Crimes ~重大犯罪課

大好きだった「クローザー」のスピンオフドラマです。第1シーズンが終了しました。

ブレンダ・ジョンソンが抜けた後に重大犯罪課のチーフに就任したのは、内務調査局から異動してきたシャロン・レイダー警部。規則を順守する彼女とこれまでも対立してきた重犯課のメンバーたちは反発します。しかも、新しくチームに来たサイクスは、レイダーにゴマをするばかりで、重犯課の足を引っ張る始末。プロベンザたちは不満を隠せません。


「クローザー」ではブレンダが犯人の自白を引き出すのがウリでしたが、こちらでは、裁判の手間と費用削減のために、犯人と司法取引することが主体となっています。正直、犯罪捜査は「クローザー」に比べて若干物足りない気もしますが、続投するフリン、サンチェス、バズといったお気に入りキャラへの興味から見続けています。
それに、ブレンダは出なくても夫のフリッツィは、相変わらずFBI側の連絡役として時々出てくるしhappy01。本部長になったポープの後任で副本部長になったテイラーや、検視官モラレスも何度か顔を見せています。

「クローザー」でダニエルズ刑事が去って以来、久々にチームに加入した女性刑事となったサイクスは、最初あまりに失敗ばかりしていて本当にイライラさせられました。

重犯課といえばエリート集団のはずなのに、こんな素人が来てどーすんの?! なんて思いながら見ていましたが、シーズン後半に怪我をしてからは、ようやくチームにも認められ役に立ちはじめたので一安心です。

レイダーは就任早々に皆から反感を買っていましたが、考えれば「クローザー」の最初の頃に、ブレンダがよそから呼ばれてきて女性の上司となり、しかもポープと昔付き合っていたという不信感もあって皆に受け入れられず苦労してたわけで、それに比べればレイダーは全く知らない仲じゃなし、まだまだマシですよね!

ただ、フリッツはレイダーを見ていて、家に帰ってからブレンダに様子を話して聞かせたりするんだろうかとか、職場を去ったブレンダに過去を思い出させないためにも敢えて話さないだろうかとか、フィクションなのについ真剣に考えてしまいました。でも、フリッツィがブレンダの電話を受けるシーンはありましたよね!happy01

レイダーの私生活については、「クローザー」の時にはほとんど触れられず、弁護士の夫がいるらしい話は出てきていましたが、20年ぐらい別居中らしいと判明しました。で、今は一人暮らしのレイダーのところへ、「クローザー」のラストで出てきたラスティが転がり込みます。

ラスティは、母親を探してもらうことを条件に事件の目撃証人となることを了承したわけですが、母親は意外とあっさり見つかり、父親までも見つかりました。でも、どちらも彼を引き取るに至らなかったので、今後もレイダーと生活しながら重犯課にやって来るんでしょうね。
でも、いつもバズがお守り役で可哀想! 他は皆、警部補や刑事だから、バズに頼むのは仕方ないけど、早くラスティが大人になって、バズのお守りが必要なくなりますように!

とまあ、「クローザー」に比較してイマイチとか言っておきながら、続投キャラの個性的な魅力もあって、今後も見ちゃうんでしょうね。
アメリカではシーズン3までも決まっているそうなので、まだまだ重犯課の活躍は見られます!

« ゲット・スマート | トップページ | ジャーヘッド »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/58404758

この記事へのトラックバック一覧です: Major Crimes ~重大犯罪課:

« ゲット・スマート | トップページ | ジャーヘッド »