2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« サラの鍵 | トップページ | 刑事マードックの捜査ファイル »

2013年9月 9日 (月)

Arrow/アロー

このほど一挙放映されたシーズン1を見ました。前に「パーセプション」の全10話一挙放送でも辛かったのに、今回は21話(第1・2話は先行放送で見ていたので)。途中で休みを入れながら、何とか見終えました。

スターリング・シティの億万長者クイーン家の長男オリバー(オリー)は、父親と乗っていた船が難破、一人生き残って5年間無人島で暮らした後に救出されます。
父親は死ぬ前に、街の犯罪者のリストをオリバーに渡し、必ず生き残って健全な街に戻すようオリバーに言い残していました。父の遺志を継ぐため、正体を隠した謎のフードの男グリーン・アローとなったオリバーは、島で身に付けた弓矢を使って悪人を倒していきます。



最近のアメコミ大量映像化に食傷気味なので、最初は見ようと思っていなかったドラマなのですが、主役のスティーブン・アメルが「プライベート・プラクティス」に出ていたと聞き、「ヴァイオレットの年下の恋人だった、心優しいイケメン救命士だ!」と気づき、興味が沸きました。私ってほんと単純!bleah

出だしがそういう状況なので、オリーの悪人退治にはあまり関心が持てませんでしたが、オリーが弓矢の術を身に付けた島での過去は、早く知りたくてたまりませんでした。
先に無人島と書きましたが、実際は無人ではなく、オリーを助けてくれた中国人ヤオ・フェイとその仲間、彼らを狙うファイヤーズの一味などがいて、そのサバイバルの過程でアローとしての能力が磨かれたことが明らかになってきます。

しかし、第1シーズン全話が終了しても、島での5年間の全容はまだクリアになっていないので、次シーズンに持ち越されるんでしょうね。オリーが、中国語はともかく、ロシア語まで話せるようになった経緯はまだ不明だし、ヤオ・フェイの娘と同じタトゥーがオリーの肩にある理由も気になるし。

オリーは船の事故前につきあっていたローレルに気持ちを残していました。一方ローレルは、オリーが死んだと思っていたので、その間にオリーの親友トミーと接近してしまいます。
本来はオリーとローレルの幸せを願うべきなのでしょうが、私は、心優しいトミーがローレルとくっついてほしかったです。そして、オリーはグリーン・アローとして孤高のヒーローのままでいいかなと。恋愛はなくても、仲間はいるんだしwink

このオリーの仲間には、まず元軍人でオリーのボディガードとして雇われたディグル(ディグ)。オリーは、彼なら自分の正体を知っても協力してくれると踏んで打ち明けます。ディグは、オリーの任務のサポートと同時に、当初は使命感に燃えるあまり暴走しがちなオリーの過剰殺傷を抑止してもいました。
それから途中加入のフェリシティ。彼女はもともとオリーの家が経営するクイーン産業のIT担当者でしたが、オリーが個人的な頼みごと(実は悪人退治のための調査)を持ち込むうちに、仲間になりました。私はオタクなIT・分析担当者が好きですが、男女問わずだと実感しました。それにしても、フェリシティのカンガルー恐怖症ってのは、かなり意外な設定で大ウケしました。

退治される悪人たちは、救いようのない冷酷な殺し屋や武器商人も多いですが、オリーが同情して好意を抱いたヘレナは、マフィアと通じる父に婚約者を殺され復讐を誓った女性。また、私が勝手にブラック・アローと命名した(本当はダーク・アーチャーというらしい)黒い矢を放つ弓使いのマルコムも、奥さんを殺されて街の浄化を決意するなど、根っからの悪人じゃなくて、履き違えた正義感に端を発しているところが、主人公のオリー自身がグリーン・アローとして行う殺しを正当化するための設定なのだろうかと思ったりしました。


前述のスティーブン・アメル以外の俳優として、ディグ役には「ブルー・ブラッド」の黒人市長だったデヴィッド・ラムゼイ。オリーの母には「NCIS」でギブスと一時期いい仲だった陸軍中佐役のスザンナ・トンプソン。
ローレルの父のランス刑事にポール・ブラックソーン。「24」シーズン3での悪役印象が強い彼は、そのせいで「ER」の医者役や「リップスティック・ジャングル」の主夫役に違和感がありましたが、この警察官役はしっくりきてました。
また、亡くなったオリーの父役で、最近は「Homeland」の副大統領だったジェイミー・シェリダンが出ていました。

« サラの鍵 | トップページ | 刑事マードックの捜査ファイル »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/58160864

この記事へのトラックバック一覧です: Arrow/アロー:

« サラの鍵 | トップページ | 刑事マードックの捜査ファイル »