2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« アントラージュ シーズン7 | トップページ | CSI シーズン12 »

2013年9月20日 (金)

キャッスル シーズン4

第4シーズンが終了しました。
前にコメントしたのはシーズン2が始まった時(その時の記事はこちら)。まずは、その後のキャッスルとベケットの関係について。

しばらくは一向に進展する様子もなく、キャッスルは元妻とよりを戻したり、ベケットには同僚刑事や医者のボーイフレンドがいたりしました。そうしたらシーズン3の終わりで、急に皆が2人のことを取り沙汰するようになり、なんだかやらせだなーと思ったりもしました。
そんな時に、母親の死の謎を追っていたベケットが凶弾に倒れ、その傍らでキャッスルが「愛してる」と告白しますが、ベケットは覚えていないふりをするというところから、今シーズンはスタートしました。実は覚えていたと知ったキャッスルが、望み薄と思ってベケットを諦め、女遊びするという展開も。でも、シーズンエンドでは、ようやくお互いの気持ちを確認し合ったようです。

今シーズンは、失踪したキャッスルの父がCIAだったのか?って疑惑も浮上。そのエピソードで登場するCIAの女性エージェントは、ベケットの前にキャッスルの小説のモデルで一時付き合った人だとか。それってつまり、ベケットが特別なんじゃなく、単にキャッスルが惚れっぽいだけなんじゃ...?
この女性エージェントを演じるのは、「ライ・トゥ・ミー」でも言及のジェニファー・ビールスです。

キャッスルが銀行強盗に遭遇するエピソードもありましたね。

その犯人たちが、ドクター・ハウザーなど医者のキャラの名前で呼び合っていたのですが、緊迫したシーンでキャッスルが、「なぜその名前? 医者はいろいろいるのに。ドクター・ハウス(「Dr.House」)に、ドクター・シェパード(「グレイズ・アナトミー」よね?)に...」と言っていたのに笑。

名前といえば、ライアンとエスポジート(エスポ)のファースト・ネームを、今シーズン初めて知りました。ライアンの奪われた銃を使って事件が発生し、彼にスポットが当たったエピソードがなかなか良かったのですが、その時わかった彼のフルネームはケヴィン・ライアンとのこと。
ちなみにエスポはハヴィエルらしいです。そういえば、キャッスルのミドル・ネームがアレクサンダーって情報もありましたネ。

前シーズンの終わりに殉職したモンゴメリーの代わりに登場した女性警部ゲイツは、前任者ほどの出番はまだありませんが、個性的で印象的です。それもそのはず、演じるのは「24」でも強烈キャラのパーマー大統領夫人だったペニー・ジョンソン・ジェラルド。

軽妙なタッチが本国アメリカでも好まれているらしい本作。第6シーズンまでの継続が決まっているようですが、キャッスルとベケットがくっついちゃった後をどう続かせるのか気になります。まあ、「Bones」のような例もありますけれどね。

« アントラージュ シーズン7 | トップページ | CSI シーズン12 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/58239236

この記事へのトラックバック一覧です: キャッスル シーズン4:

« アントラージュ シーズン7 | トップページ | CSI シーズン12 »