« スキャンダル 託された秘密 | トップページ | 007 スカイフォール »

2013年8月24日 (土)

ヘルプ

オクタヴィア・スペンサーがアカデミー賞助演女優賞を受賞した作品です。

1960年代のミシシッピ州ジャクソン。白人家庭で家事や子守をしていた黒人メイドたちは、差別され虐げられていました。
大学教育を終えて実家に戻り新聞社で働き始めたスキーターは、家庭欄を担当することになり、友人の家で働くメイドのエイビリーンにアドバイスをもらうことにします。自らも黒人メイドに育ててもらったスキーターは、友人たちのメイドに対する仕打ちを見て疑問を感じ、メイドの実態を明らかにする証言本を書こうとします。
エイビリーンに話を持ちかけるスキーター。しかし、雇い主に見つかることを恐れる彼女は、なかなか口を開こうとしません。そんな時、メイド仲間のミニーが不当な理由で仕事をクビになり、エイビリーンは証言をする決心をします。


公民権運動の活発化した時代ではありますが、特に南部ではまだまだ差別が色濃く残っていたんでしょうね。運動が盛り上がるほど、反発する白人も多かったでしょうし。
映画の中では、表向きはそれほど差別をしていないふりをしながら、トイレや食器などを区別させている白人家庭の様子が描かれ、白人対黒人の構図が浮き彫りになっていました。

そんな中で、自ら貧しい出ながらリッチな人と結婚したためにメイドを使える身分になったシーリアなどは、ミニーに平等に接していて、当たり前なことなのにミニーが驚いたのも無理はありません。

このシーリアという人は、素朴で単純な性格が可愛らしく、見ていてこちらも幸せになりました。ミニーも、シーリアに料理を教える姿が幸せそうで、意地悪なヒリーの家をクビになっても、かえって救われたのではないかと思います。

ミニーの後にヒリーの家のメイドになったユール・メイが、子供を大学へやるお金のために、掃除をしていて見つけた指輪を取ってしまい、逮捕されます。
それをきっかけに、エイビリーンとミニーだけでなく、たくさんのメイドたちが証言をしようと集まるシーンに感動しました。みんな、いよいよ立ちあがらなきゃいけないと思ったんですね。
ただ、本が出てめでたしではなく、出版された本の内容からまた試練が訪れるという現実が、この問題がそう簡単には片付かないことを実感できました。


スキーターを演じるのは、「アメイジング・スパイダーマン」のグウェン役エマ・ストーン。意地悪なヒリーには、「スパイダーマン3」の方でグウェンを演じていたブライス・ダラス・ハワード。明るいシーリアには、「ゼロ・ダーク・サーティ」「テイク・シェルター」「ツリー・オブ・ライフ」のジェシカ・チャステインです。
また、メイドたちは、エイビリーン役のヴィオラ・デイヴィス(「ダウト」「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」)、ユール・メイ役のアーンジャニュー・エリス(「メンタリスト」のハイタワー)、ミニー役で前述のオクタヴィア・スペンサー。

その他、スキーターの母役アリソン・ジャーニーや、ヒリーの母役シシー・スペイセク、スキーターの本を出す出版社のメアリー・スティーンバージェンなど女優陣が目立っていましたが、スキーターがつきあうスチュワート役で、「プライベート・プラクティス」のデルことクリス・ローウェルが出ていましたhappy01

« スキャンダル 託された秘密 | トップページ | 007 スカイフォール »

映画」カテゴリの記事

コメント

ようさん、こんにちは。
この作品、私も(珍しく)鑑賞しましたよ。
家庭での、ちょっとした差別・・・でも決定的で自尊心を傷つける・・・
家庭、女性、そして南部・・・余りない視点だと思いましたよ。
人種間問題が主題だと思いますが
何となく、白人女性の物語にも思えましたね。
アメリカって・・・レディファーストて言われるが、なかなか・・・だわッと(苦笑=)

フランス、頑張っていますよ~。
ナチス戦時下のフランス&パリ・・・・調べ応えありそうです!!
それと、ジャン=ルイ フルニエって作家さん、御存知ですか?
大分前ですが・・・『どこ行くの、パパ?』読んで、胸に響きましたよ(涙目)
最近、パリ神話等を破ろうとするフランスに、好感度アップしております。

リィンさん、こんばんは。
いつもいつもコメントをありがとうございます。
お返事遅くなってごめんなさい。

ジャン=ルイ・フルニエって作家のことは知りませんでした。
というか、最近のフランスの作家はあまり知らないかも…。
でも、リィンさんの紹介で、俄然興味が沸きました。
早速読んでみたいと思います!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/58061883

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルプ:

« スキャンダル 託された秘密 | トップページ | 007 スカイフォール »