« だれもがクジラを愛してる。 | トップページ | Law & Order: クリミナル・インテント ファイナル »

2013年7月26日 (金)

トランスポーター ザ・シリーズ

ジェイソン・ステイサムを一躍スターにした映画「トランスポーター」をテレビ・シリーズにした新作です。

運び屋(トランスポーター)のフランク・マーティンは、オーダーを受ける窓口となるカーラや、車の整備をするディーターの協力を得て、荷物を指定の場所まで運ぶのが仕事です。フランクは運び屋として、時間厳守・荷物の中身は見ないなどのルールがありますが、途中で様々な障害に遭いますが、契約をきっちり実行しようとします。


映画と同様、フランクが住んでいるのは南仏なので、舞台はほとんどヨーロッパです。この間はちょっと北米に出張(?)して、アメリカとカナダで仕事していましたが。

フランクが元SASなので、荷物を狙う敵に襲われても難なく撃退できるのがすごいです。それも、アメリカと違って銃社会じゃないせいか、銃撃戦ではなく格闘で。いつも白ワイシャツに黒のタイとスーツでキメているのですが、戦う時には上着を脱いで戦闘態勢にhappy01。それでも、絶対動きにくいよねー、と思いながら見ています。

ヨーロッパのドラマだからか、最初の頃はエロいシーンが結構多くて閉口ぎみだったのですが、今ではそれも控えめになり、それと共に私のこのドラマに対する評価も上がってきました。

特にディーターが、クールなフランクと好対照なお笑い担当って感じで、楽しくて気に入っています。女性の出会いが少ないのも、かつてのボンド並み(最近のボンドは結構ストイックなのでbleah)の女性関係を誇るフランクと大違いで、早くちゃんとデート相手ができるよう願っています。

最近出てきたジュリエットという女が何者なのか、フランクに近づく真意が不明で気になります。裏で誰か糸を引いていそうな様子だし。
また、直近の第8話では、フランクが先輩トランスポーターに、冷戦時代の話を聞くなど、なかなかよかったです。

主演のクリス・ヴァンスは、前に見た「メンタル」という精神科医のドラマで主役だったのですが、私は結構面白いと思ったのに、1シーズンで終了。その後は「バーン・ノーティス」や「リゾーリ&アイルズ」でゲスト出演してるのを見たぐらいなのですが、彼は医者より元SASのが断然似合っています。

それ以外のキャストは誰も知らないと思っていたのですが、映画版にも出てくるタルコニ警部は同じ俳優(フランソワ・ベルレアン)なんですね。映画を見たのはずっと前でまったく覚えていませんでしたが。
また、ゲスト出演者もほとんど知らない人たちで、北米エピソードの時に、「ラブ&ドラッグ」のキャサリン・ウィニックや、「ザ・ユニット」のデモア・バーンズなど、見知った顔が何名かいただけでした。でもそれが逆に、登場人物に先入観を与えずいいのかなとも思います。

« だれもがクジラを愛してる。 | トップページ | Law & Order: クリミナル・インテント ファイナル »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/57879643

この記事へのトラックバック一覧です: トランスポーター ザ・シリーズ:

« だれもがクジラを愛してる。 | トップページ | Law & Order: クリミナル・インテント ファイナル »