2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン13 | トップページ | Dr.HOUSE シーズン7 »

2013年5月27日 (月)

ホワイトカラー シーズン4

新シーズンが始まりました。
前にコメントしたのはシーズン2の半ばで(前回の記事はこちら)、このブログを始めたばかりの頃。今振り返ってみると、コメントも短いし、大したこと書いてませんでしたね(それは今でも同じですがbleah)。
でも、当時はまだこのドラマの人気も上がってきたばかりで、放映してたのもAXNミステリーってちょっとマイナーな局(失礼!)だし、私のつたない記事でもかなり検索されていたみたいでした。

それから2年が経ちましたが、ホワイトカラー犯罪捜査のドラマが珍しいのは相変わらずです。やっぱり凄惨な殺人捜査に比べて注目されないんでしょうか? でも、ホワイトカラーだからこそ、タフさよりスマートさが求められ、ニールのようなスタイリッシュな犯罪者兼捜査コンサルタントが主役のドラマになり、結果として超二枚目マット・ボマーの魅力が全開の作品となっています。

ストーリーとしては、初期のオルゴールの謎が終わり、次の潜水艦の名画盗難も一段落ついた(と完全には言えないかもしれないけど)ので、これからまた新たな出来事が起こるのでしょうか?

名画盗難では、ピーターがニールへの疑いを消し去れなくて、ニールはニールで、ピーターが自分を疑っていると気づいて完全に信用できずにいるという、複雑な2人の関係が浮き彫りになりましたが、シーズン3の終わりで、ピーターがニールの刑期短縮に賛成し、逃亡に手を貸したことで、2人の信頼関係は更に深まったとみていいのでしょうね?

シーズン3のエピソードで印象的だったのは、ニールの親友モジーの過去が明らかになったこと。彼の名前の由来は、捨て子だった彼が持っていたクマのぬいぐるみの名前であるモーツァルトを発音できなくて、モジーと呼んでいたことからなんだそうです。

このほど始まったシーズン4では、南の島に逃亡したニールを、別のFBI捜査官コリンズが追い、ピーターが助けに行くというものでした。
これまでニールの女性関係は、当初のケイトやアレックスから、保険調査員のサラまで幅広いものでしたが、南国へ来てもそれは同じhappy01。ここではカフェを切り盛りするマヤと出会い、追っ手から逃げるニールを彼女も手助けします。

このマヤを演じるのは、「エイリアス」でシドニーの異父妹だったミア・マエストロ。また、ニールを追うFBIのコリンズには、「ライ・トゥー・ミー」でもFBIだったメキ・ファイファー。それと、前シーズンで、ニールが逃亡するきっかけとなったFBI捜査官クレイマーには、「クローザー」や「ブラザーズ&シスターズ」にも出ていたボー・ブリッジスです。

マット・ボマーは相変わらず魅力的で、冒頭でセミヌードになっているシーンなんてゾクゾクもの。ゲイだなんて、ほんともったいないbleah。彼のセミヌード(以上?)は、日本では8月公開の映画「マジック・マイク」でも堪能できると思うので、主演のチャニング・テイタムは好みじゃないけれど、マット狙いで絶対見に行きます!

« Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン13 | トップページ | Dr.HOUSE シーズン7 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/57470033

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトカラー シーズン4:

« Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン13 | トップページ | Dr.HOUSE シーズン7 »