2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« ニュースルーム | トップページ | 今年も6月はフランス映画月間です »

2013年5月31日 (金)

New Normal

こちらも新作のコメディで、第7話まで見終わったところです。

テレビプロデューサーのブライアンと産婦人科医のデビッドは、LA在住のゲイのカップル。愛し合う2人は、次は赤ちゃんというわけで、代理母を探して出産してもらうことにします。何人もの候補者に会った結果選んだのは、夫に浮気されて、娘のシャナイアと2人オハイオからやってきたゴールディ。4人は新しい形(ニュー・ノーマル)の家族として絆を強めていきます。


モダン・ファミリー」を踏襲した感じのスタイルで、「モダン・ファミリー」のゲイ・カップルの主人公版というべきでしょうか。基本はほのぼの、時々笑いっていうコメディです。

「モダン・ファミリー」でも個性的な登場人物たちがいますが、こちらも強烈。平凡なのは、デビッドとゴールディくらい。特にかなりのインパクトなのは、ゴールディのおばあちゃんジェーン。ゲイ嫌い・黒人嫌い・民主党嫌いの超差別主義者ですが、なぜか憎めません。ゴールディの母親と言ってもおかしくないけれど、3世代にわたる若年出産(っていうのかな?)のせいで、若いおばあちゃんなんですね。

ゴールディはロースクールを目指していたような自立した女性なのですが、夫のクレイは浮気性の上にバカときていて、何でこんなのに捕まったの?デキ婚か?って思っていたら、やっぱりそうでした...。でも、ゲイのカップルと仲良くなるよりはって、ジェーンおばあちゃんがオハイオから呼んじゃうんですよね。

娘のシャナイアも、賢くかわいいけど、かなり変。「グレイ・ガーデンズ」を見て、中年になったリトル・イディの真似をしたりしていたし。でも、ブライアンと感性が合うらしく、彼も、シャナイアのリトル・イディに共感していましたhappy01
デビッドのお母さん(第5話)も個性的でしたね。でも、息子の相手として認めていなかったブライアンを最後は受け入れて、ホロリとさせられました。
今回の第7話の神父もいい味だったなー。法王を「口うるさい親戚のおじさん」と呼び、イエス・キリストを「ひげの伸びたチャック・ノリス」と形容...coldsweats01

ゲイの描き方が現実的でハンパじゃないのは、自身もゲイを表明しているライアン・マーフィならではでしょうか。私は結構気に入っているコメディですが、残念ながら1シーズン22話で終了が決定してしまったようです。

デビッドを演じるのは、「ハング・オーバー!」や「理想の彼氏」などのジャスティン・バーサ。
祖母のジェーンは、「シエスタ」「シー・オブ・ラブ」など映画界で活躍してきたエレン・バーキンです。また第1話では、代理母の候補として、グウィネス・パルトロウもカメオ出演していました!

« ニュースルーム | トップページ | 今年も6月はフランス映画月間です »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/57497984

この記事へのトラックバック一覧です: New Normal:

« ニュースルーム | トップページ | 今年も6月はフランス映画月間です »