« そんな彼なら捨てちゃえば? | トップページ | 私だけのハッピー・エンディング »

2013年3月13日 (水)

ザ・プロテクター シーズン3

第3シーズンの最終話まで見ました。
ユニバーサル・チャンネルが放送終了ということで、次シーズンがいつ見られるかわからないので、ここで再度コメントしておきたいと思います。本国では、第5シーズンまで続いていたようですが。(概要および前回の記事はこちら

今シーズンの一番のポイントは、メアリーの恋模様。私が前回記事でイチオシしていたラフ(ラファエル)とは結局別れてしまい、前シーズンで実はメアリーを好きらしいとわかったマーシャルは相変わらず片思いのまま。でも、今シーズンで出会ったFBI捜査官フェイバーとメアリーがいい雰囲気に! この捜査官は、登場したとき時から、メアリーとうまくいってほしいと思っていたので、万歳!という感じです。

私がこのドラマを好きな理由の一つは、メアリーの恋愛に対するスタンスが自分と似ていると思うからなんです。彼氏がいたりしても、どうもあまり真剣に付き合えないというか、自己犠牲できない。普通女性って、好きになった人に尽くしたりするけど、そういうことがないんですよね。で、結婚に向かない。
ラフが、自分はメアリーを愛しているけどメアリーの愛が足りないと言って去ったのと同じような経験をしたことがあります。ラフはカッコいいし、彼が自分を好きなら付き合って、自分も彼を好きな気がするので婚約してしまおう、という感じで何となく付き合い続けていたメアリーと似た状況もあり…。

ラフ役クリスチャン・デ・ラ・フエンテとフェイバー役スティーブン・ウェバー(「ブラザーズ&シスターズ」や「Without A Trace」にも出ていた)はどちらも私の好みのタイプで、余計親近感がありましたし。(って、俳優の配役は、メアリーの好みと関係ないとは思うけど。)

その他のキャストとしては、妹ブランディの恋人に「ザ・ホワイトハウス」などのジョシュア・マリーナ。主演のメアリー・マコーマックもあのドラマに出ていたこともあり、つながりを感じていたら、今シーズンの冒頭では、CJ役のアリソン・ジャーニーまで出ていましたね。
それからメアリーの実弟ウィル・マコーマック(こちらもやはり「ブラザーズ&シスターズ」に出演)が、メアリーと敵対するFBI捜査官オコナー役でシーズン2に出ていました。

証人保護プログラムに入るゲストスターで印象的なのは、まずシーズン3第1話でボストンから来る組織のボスに、ドニー・ウォルバーグ(「ブルー・ブラッド」のダニー)。それから、第3話では、こん睡状態でプログラムに入ったマイク・ドイル(「Law & Order:性犯罪捜査班」のラボスタッフで私のお気に入りだったのに死んじゃった)。最終話では、カトリックの司祭役で、「NCIS」のFBI捜査官フォーネルでもおなじみジョー・スパーノが出ていました。

« そんな彼なら捨てちゃえば? | トップページ | 私だけのハッピー・エンディング »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/56954260

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・プロテクター シーズン3:

« そんな彼なら捨てちゃえば? | トップページ | 私だけのハッピー・エンディング »