« Law & Order: クリミナル・インテント シーズン9 | トップページ | OSS 117 リオデジャネイロ応答なし »

2013年3月31日 (日)

OSS 117 私を愛したカフェオーレ

アカデミー賞受賞の「アーティスト」コンビ、ジャン・デュジャルダンとミシェル・アザナヴィシウス監督によるスパイ・コメディです。

スパイのOSS117号ユベールは、第2次世界大戦中に共に活躍したOSS283号のジャックがエジプトで行方不明になり、捜査する任務を与えられます。ジャックは、表向きカイロ養鶏協会の仕事で赴任していたので、ユベールもリュシアンという偽名で後任としてカイロに向かいます。しかしそこは、米英ソのスパイはもちろん、現地の秘密結社もあって、到着早々敵に囲まれます。


おバカなスパイコメディといえば、「オースティン・パワーズ」とか「ジョニー・イングリッシュ」などがありますが、こちらはちょっとフレンチテイストなコメディでした。笑いのツボが違うのか、大笑いはできませんでしたが、くだらないけど笑えるシーンもいくつかあったし。
原題は「カイロ、スパイの巣窟」という意味で、ロシア・ドイツ・ベルギーの怪しい人たちが皆、農業・畜産系の協会に属していて、それがスパイの隠れ蓑かーと思っていたら、実はそういうわけでもなかったりと、その予想外な展開のバカバカしさも笑えました。

それから、ゲイネタもフレンチっぽい扱われかたでした。大戦当時のユベールとジャックの戯れをユベールが回想するのですが、その様子がいかにもゲイっぽいのに、本人は真剣にゲイを否定するところが面白かったです。

カイロでユベールをサポートする女性役で、「アーティスト」のベレニス・ベジョも出ています。

« Law & Order: クリミナル・インテント シーズン9 | トップページ | OSS 117 リオデジャネイロ応答なし »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/57091845

この記事へのトラックバック一覧です: OSS 117 私を愛したカフェオーレ:

« Law & Order: クリミナル・インテント シーズン9 | トップページ | OSS 117 リオデジャネイロ応答なし »