« ヤギと男と男と壁と | トップページ | テッド »

2013年2月 5日 (火)

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える

前作「ハングオーバー!」とパターンは一緒です。バチェラー・パーティで羽目を外し、記憶がすっとんで目覚める…。ただし、今回はタイが舞台、消えるのは花嫁の弟です。

結婚式のため、フィルとダグの悪友2人を連れて、花嫁のルーツであるタイにやってきたステュ。ダグの義弟アランもしぶしぶ招待しました。前回のベガスでの失態を教訓に、バチェラー・パーティはやらないというステュですが、フィルとダグは猛反対。そして、今回は乾杯のビールの栓もしっかり確認し、万全の態勢で臨んだのですが…。


前作でも、目覚めた部屋に虎はいるわ赤ちゃんはいるわで大変でしたが、今回は、目覚めたらアランは丸坊主、ステュは顔にタトゥーとこれまたすごい展開でした。一緒にパーティにいたはずのダグは途中で帰ったとかで、無事にホテルに戻れて呑気なもの。結局今度もまたフィル、ステュ、アランの3人で記憶をたどります。

でも、アランがぶっ飛びすぎで、前回は面白かったけど、今回は少々鼻につきました。新婦の16歳の弟に対抗意識燃やしてどうする! 自分の身をわきまえろって感じ。
で、結局アランが騒動を巻き起こし、みんなの記憶を失わせて、新婦の弟テディが行方不明になるという事態に発展してしまいました。

それにしても、タイが舞台と聞いた時に、いやーな予感がしたのは私だけでしょうか。思えば、「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」でも、マジック・マッシュルームを試し、ドラッグの容疑でタイで捕まってたし。ブリジットの場合は、ワンダーブラを武器に(?)乗り切ってましたがhappy01。今回もドラッグが絡み出した時に、もしや?と思ってしまいました。

残り30分という時になって、ようやくポール・ジアマッティ扮する怪しい男が登場。短い出演でしたが、インパクトはありました。
そして、ラストはお約束の、記憶のない間の写真! でも、ステュのXXは見たくなかったなーbearing

« ヤギと男と男と壁と | トップページ | テッド »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/56705896

この記事へのトラックバック一覧です: ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える:

« ヤギと男と男と壁と | トップページ | テッド »