« 聖トリニアンズ女学院 | トップページ | スプリング・ガーデンの恋人 »

2013年1月31日 (木)

聖トリニアンズ女学院2

昨日の第1作に引き続き、続編を観賞です。

新学期の始まった聖トリニアンズ女学院。生徒の一人が、ある男から、学校の図書室に隠された指輪を手に入れるように言われます。それを聞いたカミラ校長は、彼女の祖先である海賊のフリトンが、その昔プロムフリー卿の船を襲って財宝を奪った話を語ります。謎の男は、プロムフリー卿の子孫で、指輪が記す財宝のありかを知ろうとしていたのでした。
プロムフリーに学院を襲撃され、まんまと指輪を奪われてしまった校長と生徒たちは、指輪を奪い返し、財宝を見つけるため立ち上がります。


前作で敵対する大臣だったジェフリーことコリン様が、今回はどういう形で出てくるのか、興味をもって見ていました。そうしたら、プロムフリーから指輪を奪うために、彼の知り合いであるジェフリーに手助けしてもらうという設定で、カミラと生徒の仲間となり、いい意味での見せ場が一杯で嬉しかったです。
しかも、後半でカミラとジェフリーは、学生時代に演劇部だった経験を生かして(?)、「ロミオとジュリエット」を演じることになり、舞台の上でぶちゅっとするシーンまでありましたhappy01。前作ではキスシーンは見せてなかったのですが。

コリン様の話ばかりも何なので、主役の生徒たちの話もするとbleah、前作と同様、個性豊かな面々がたくさん出てきて、指輪と財宝の謎解きをしていくのは、面白くてよかったです。
前作では転入生としていじめられていたアナベルが、今回は寮長になり、みんなを引っ張っていく様も、頼もしい限りでした。

普段は、オタク系とか、コギャル系とか、別のグループで固まっている彼女たちが、外からの敵には一致団結して戦い、共通の目的のために協力しあう姿は、なかなかいい感じでした。特に、フラッシュ・モブ作戦は、私のお気に入りです。
1作目のような、パロディ的な様相はなくなり、純粋に女学生たちの活躍を楽しめる作品でした。

« 聖トリニアンズ女学院 | トップページ | スプリング・ガーデンの恋人 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/56675865

この記事へのトラックバック一覧です: 聖トリニアンズ女学院2:

« 聖トリニアンズ女学院 | トップページ | スプリング・ガーデンの恋人 »