2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« マンマ・ミーア! | トップページ | 聖トリニアンズ女学院 »

2013年1月28日 (月)

シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム

ロバート・ダウニーJr.のホームズ映画第2弾です。(1作目の感想はこちら

フランスとドイツが敵対するきっかけとなった爆発事件。モリアーティ教授が裏で糸を引いていると読んだホームズは、結婚式を控えるワトソンを引っ張り出し、捜査を開始します。するとモリアーティの方からホームズに接触してきた上、結婚したばかりのワトソンと妻を狙おうとします。
新婚旅行中のワトソンと列車の中で合流したホームズは、新妻を押しのけ、ワトソンを連れて、鍵を握るジプシーの女シムを探しにフランスへ渡ります。


正直言って、第1作に比べてあまり楽しめませんでした。アクティブなホームズに飽きてきたってことなのでしょうか。最近次々と新しいイメージのホームズが登場してきていますからね。現代機器を駆使するイギリスBBCの「シャーロック」や、ニューヨークに住み女性のワトソンを相棒にする「エレメンタリー」(ホームズ役に「エマ」のジョニー・リー・ミラー)とか。
スタイリッシュな映像も、もはや新鮮味を感じなかったし、ちょっと度が過ぎたのか、ついていきにくかったです。モリアーティとの絡みも、例えばBBCのドラマに比べて、迫力に欠ける気がしました。

また、ホームズの兄マイクロフトが登場したのですが、これを演じるスティーブン・フライ(「オスカー・ワイルド」でもジュード・ロウと共演)が私のイメージと違いすぎ。BBC版のマーク・ゲイティスって人の方がしっくりきました。
裸を披露するのも、笑える範疇を超えていて、いかがなものかと思いました。でも、弟を「シャーリー」って呼ぶのは笑えたけど。

よかったのは、私の嫌いなアイリーン・アドラー(レイチェル・マクアダムスが演じている)がヒロインの座を下ろされ(?)、ジプシーのシムに代わったこと。
それから、ワトソンの妻メアリーの活躍する場があったことです。このメアリー役は、前作で全く記憶がないのですが、「犯罪捜査官アナ・トラヴィス」のケリー・ライリーでした。

« マンマ・ミーア! | トップページ | 聖トリニアンズ女学院 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/56655003

この記事へのトラックバック一覧です: シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム:

« マンマ・ミーア! | トップページ | 聖トリニアンズ女学院 »