2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« ラビット・ホール | トップページ | プレシャス »

2012年12月23日 (日)

ザ・ファイター

実話に基づく、ボクサー兄弟の再生の物語です。

かつてシュガー・レイに勝ったことが自慢の元ボクサー、ディッキー。今は、異父弟でやはりボクサーのミッキーのセコンドをしていますが、麻薬に溺れる日々で、弟のサポートも怠りがちです。母親も、ディッキーばかり気にかけ、ミッキーのことは後回しです。
バーで出会ったシャーリーンと親しくなったミッキーは、ディッキーと母親が自分のためにならないと彼女に諭され、家族から離れようとします。そんな時、ディッキーが警察沙汰を起こし、止めに入ったミッキーも、大事な右手を殴打されてしまいます。


実話好きの私ですが、前半は全くハマれませんでした。原因は、主人公が家族に振り回されているのを見てイライラさせられたからだと思います。過去の栄光にすがる兄に、その兄しか目に入らない母親、そんな2人を「家族だから」と断ち切れず、結果バカを見て自分をダメにしているミッキーを、腹立たしい思いで見ていました。
でも後半は、心機一転、ボクサーとしての再起に懸けるミッキーの姿に、応援しようという気になりました。きっかけとなったHBOのドキュメンタリーは、そういう意味では結局よかったんですね。あれで現実を認識させ、兄と母の依存から脱却できたのでしょう。


ミッキー役のマーク・ウォルバーグを初めて見たのは、チョウ・ユンファ共演の「NYPD15分署」。あの時は、こんなスターになるとは思っていませんでしたが、「ブルー・ブラッド」でも書いたとおり、私は兄のドニーの方が好きhappy01。でも、ボクシングのシーンで殴られ渋い顔をした時は、お兄ちゃんそっくりに見えました。

一方、この作品で助演男優賞も受賞したクリスチャン・ベールは、「バットマン」シリーズなどで知られる俳優ですが、私はどうしても子役の時の「太陽の帝国」が忘れられず、彼を見る度に、「大きくなったね」と思ってしまいますcoldsweats01

« ラビット・ホール | トップページ | プレシャス »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/56384034

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ファイター:

« ラビット・ホール | トップページ | プレシャス »