2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« シャーロック | トップページ | エミネムのライブ »

2012年8月13日 (月)

ボディ・オブ・プルーフ

シーズン1の最終9話まで見終わったところです。

優秀な脳外科医だったミーガン・ハントは、事故による怪我で右手が思うように動かなくなり、医療ミスを誘発、天職だった仕事を離れ検死局で働くことになりました。仕事にかまけて夫のトッドとも離婚、娘のレイシーはトッドに引き取られています。
検死局では、ミーガンの能力を買う局長のケイト、ミーガンの私生活にもアドバイスする医療捜査官のピーター、副局長ながらミーガンに下に見られているカーティス、そして若手の分析官イーサンがいます。また、コンビを組む刑事のバドとサマンサは、最初はミーガンに反発しながらも徐々に彼女の真価を認めていきます。

検死官のドラマといえば、「女検死医ジョーダン」や「Silent Witness」なんかがありますが、こちらの検死官は脳外科医出身ということで、しかも離婚し子供もいる、と新しい設定です。
人づきあいが苦手というキャラながら、ミーガンに扮するダナ・ディレイニーが、「デスパレートな妻たち」などのドラマで馴染みがあるせいか、なんか人好きする感じで偏屈な印象は受けません。元夫とのやり取りや、こじれている娘との関係を修復しようとする様子も、なんだか好感持ててしまいます。
しかも元夫は、上司のケイトと付き合い始めてしまいます。「それはありえないでしょう、もっと遠慮しろー」と言いたくなりましたが、それもミーガンに好感を持っているからかな?とも思います。

娘と同様に母親とも関係は微妙で、やっぱり母の愛を感じなかったから娘にもどう接していいかわからないからなのよねーと、こちらも好意的解釈happy01
ちなみに、この母親は判事、元夫は弁護士と、すご腕一家だったんですね。で、ミーガンの父親が自殺したらしく、その謎が残っていて、今後その真実が明らかになっていくってことなんでしょう。

私はピーターが気になっています。医療捜査官というポジションも新しくて最初は何者?と思いましたが、刑事と検死局の橋渡しって感じなんですかね?
いい家の出で、姉3人と思ったら、実は彼は養子だと判明。ちょっと「リゾーリ&アイルズ」のアイルズを思い出しました。アイルズもいい家の出身と思ったら養子で、実の父親は犯罪者だったし、ピーターも実の親を探すみたいだから、そのうち父親が犯罪者として出てきたりして?
このピーターを演じるニコラス・ビショップという人は、初めて見たと思うけど、ちょっと若いケネス・ブラナーって感じで、そこも気になる理由かな? 彼もイギリス人らしいし。

ケイト役ジェリ・ライアンは、「シャーク」でジェームズ・ウッズの上司だった検事ですよね。元夫のトッドは「24」などのジェフリー・ノードリング。刑事バド役ジョン・キャロル・リンチも、「アナべス・チェイス」や直近では「ザ・グレイズ」の第1話でゲスト出演なんかしていましたが、私は何より、サマンサが、同じくフィラデルフィアが舞台の「コールド・ケース」でヴェラ刑事の隣人で恋人になっていたソーニャ・ソーンだったのが嬉しかったです!

« シャーロック | トップページ | エミネムのライブ »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

ようさん、今日はこちらで・・・
でも、このドラマ、一回視聴して、「御勘弁下さい」なんですよ。
ゴメンなさい・・・会話が成立しませんね(スマンです)

勿論、ようさんが「面白い」という思いを尊重させていただいています。
この点は、御理解下さいね(ペコリ)

私・・・「なんで、このオバサン(失礼)、出しゃばるの?」って思っちゃって・・・
強気、と言えばそうなんですが・・・
最終的に彼女が正しい場合が多いって、言えばそうなんですが・・・

「ちょっと、出来すぎでは」と思っちゃんですよ。
私、類似例として『グッド・ワイフ』も・・・なんです。

まぁ、優秀だけど悩むって設定、評判良いのかもですが、
私には・・・・ダメでしたねェ。

ちょっと、
「リィんさん、何言ってるのよ!
 ここが、イイのよ!分からないの!!」
と教育的指導、お願いしますよ~ですね(笑)

話題代わって、ライフワークのお話ですが・・・
あぁ、私は、社会規範薄いんですよ(自慢ではない)
ようさんは
「あくまでも趣味の範囲で、実生活では、行動に起こさないわよ」
と仰っていましたよね。
私は・・・「そういう状況なら・・・」的思考がチラッと・・・なんで(笑)
まぁ、笑ってイイのかどうかは謎ですがね。
勿論、理性がありますから、大丈夫です(キッパリ)

リィンさん、返事が遅くなってごめんなさい。

わざわざコメントできる記事を探していただいてありがとうございます。
私も、検死官が捜査に参加するのは現実には行き過ぎだと思いますが、
「女検死医ジョーダン」というドラマも好きだったので、
単純に検死官が活躍するのが好きなんだと思います。
検死官だけでなく、分析官とか、刑事以外の人に結構注目してしまうたちで、
そういう人たちが出しゃばっててもドラマと思って許してください!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/55416563

この記事へのトラックバック一覧です: ボディ・オブ・プルーフ:

« シャーロック | トップページ | エミネムのライブ »