2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

HOMELAND

アメリカで評判になっていたドラマが早速に日本上陸したので見てみました。

CIAの情報員キャリーは、カルカッタ滞在中に、「アメリカ兵がアルカイダに転向した」という情報を得ます。帰国後まもなく、8年前から消息を絶っていたブロディ軍曹がCIAの作戦で発見され、キャリーは彼が転向者ではないかと疑います。しかし、CIAの副長官エスティースを始め皆は全く疑わず、ブロディが国民の希望の星になり、英雄として利用できると考えます。
独自にこっそりブロディを監視するキャリー。しかし、確固たる証拠を見つけられないまま、キャリーの元上司で良き理解者でもあるソールからも監視を止められ、キャリーはブロディに直接接触を試みます。アルカイダの指揮官アブ・ナジールと関係があると踏んでのことでした。


このドラマを見始めたときは、ブロディが転向者かどうかが謎のまま、最後まで引っ張るのかと思っていました。途中で、ブロディと共に捕虜になって死んだとされていたウォーカーが実は生きていて、スナイパーとして送り込まれているとわかり、「これは絶対、ウォーカーを目くらましにして、実はブロディも転向者でしたって最後の最後で明らかになるに違いない」と思っていたら、何のことはない、結構あっさりその事実が視聴者の目には明らかに。もちろん、キャリーを含むCIAや、ブロディを大統領選に利用する副大統領らは知りませんが…。

続きを読む "HOMELAND" »

2012年8月25日 (土)

幸せパズル

アルゼンチンの映画は滅多に見ませんが、映画館で山のように予告編を見たので、見てみようかという気になりました。ジグソーパズルも昔好きだったしhappy01

専業主婦のマリアは、自分の誕生日のパーティさえも、自ら料理を作り客をもてなすという生活です。プレゼントでもらったジグソーパズルをやってみたら意外と楽しくて、もっとやってみたくなり、専門店に買いに行ったところ、選手権のパートナー募集の広告を発見。連絡を取って、ロベルトとパートナーを組み、選手権に参加することにします。

家族のことしか見ていなかった平凡な主婦が、ジグソーパズルにより新しい世界を知り、のめりこんでいく様は、見ていてとても理解できました。私自身は、一人で自由気ままにやっているので、家庭を持つことの大変さはわかりませんが、打ち込めるものを見つけることや、新鮮な出会いなど、時折人として必要になる気持ちはとてもよくわかります。

ロベルトはお金持ちでメイドを雇っているほどですが、いつも自分で家事をこなすマリアが、人にいれてもらったお茶を飲み、とまどうのはすごく納得できました。
マリアは決して、お金持ちのロベルトに魅かれたわけではなく、自営業の夫フアンにはない知識の豊富さや、自分の世界が広がることに魅力を感じただけなのだろうと思います。

結末は…?でもありましたが、平凡な主婦マリアの成長だけでも意味はあったのかも。50歳の誕生日にして、自分の人生に疑問を感じた彼女が、新しい世界を体験し、その後の人生を進むことができたなら、それでよしってことですよね!

2012年8月18日 (土)

サマソニ 1日目参加!

昨日の記事でも触れた通り(詳しくはこちら)、今日も幕張へ。大好きなバンドが2つも出るんじゃ、これは行かねばなるまい!と、サマソニ初参加しました。

昨日の今日でオバサンは疲れているので、朝から参加するつもりは毛頭ありませんでしたが、午前中は都内でも雷thunderが鳴っていて、こりゃヤバイって感じ。でも、夕方からは雨は上がりそうな予報なので、少し安心。ただ、ゲリラ豪雨の可能性は捨てきれず、という状況でした。

私の狙い目はマリンステージの最後の2組なので、4時半頃会場へ。そしたら、着いたとたんに大雨rainでショック。ちょうどマリンでは、吉井和哉さん(またもや詳しくないので、さん付けhappy01)が演奏中で、とりあえず私はアリーナに入ってみようとしましたが、あまりの雨に挫折…。ふと、上を見ると、スタンドの方はまだ空いていて傘をさしている人もそこそこいたため、よし、あっちで傘をさして見るべし、とスタンド席へ向かいました。

スタンドに回ってみたものの、席は思いの外混んでいて、私は狙いのフランツ・フェルディナンド用にいい席を確保するため、ポンチョをはおることに。でも、はおって席を探している間に雨はやみました。
その後も降ることなく、私はラッキーでしたが、吉井さんファンには可哀そうなタイミングでしたね。吉井さんファンが引けた後の、比較的正面の席を手に入れて、フランツ待ちしました。

そして、フランツ・フェルディナンド登場! 「Fine Dayだね…」っていうコメントはジョークですよね? さっきまで、すごい雨だったもの。

続きを読む "サマソニ 1日目参加!" »

2012年8月17日 (金)

エミネムのライブ

久々の音楽ネタですhappy01

行ってきましたよ、幕張まで、マーシャルちゃん(私は、本名のこっちの方が可愛くて好き)に会いに。しかし、暑かった…、予想はしてましたが。まあ、雨が降らなくてよかったわ。

幕張に行くのも、野外球場も(球場はドームしか知らない)、ヒップホップ系ライブに行くのも初めてで、マーシャルちゃんのライブはイカツイお兄さんが多いとの噂もあったので、ドキドキしながら行きましたが、女性の2人組とかもいたし、いつものライブとさして変わりませんでした。ただ、外人率は高かったな…。なんでだろう? 夏の野外ライブだからか、ヒップホップだからか?

5時半からの開始に対して、私は5時ごろ着いたのですが、5時半過ぎてもなかなか始まらず、6時少し前に始まったと思ったら、前座のスローターハウスさん(よく知らないので、さん付けwink)。でも、結構ノリノリでした。「8月○日(忘れた)にアルバム出るから買ってねー」と言いながら彼らが去ったら、またしばらく待ち…。よかった、スタンド席にして。中年のオバサンは、アリーナだったらずっと立ってられませんcoldsweats01
でもこの頃は、多少風もあって、比較的楽に待てました。やっぱ海近いから涼しいのかなー、天気も良くないしねー、なんて思いながら、ボーっと後ろの席の若者2人の会話に聞き耳立ててしまっていましたbleah

続きを読む "エミネムのライブ" »

2012年8月13日 (月)

ボディ・オブ・プルーフ

シーズン1の最終9話まで見終わったところです。

優秀な脳外科医だったミーガン・ハントは、事故による怪我で右手が思うように動かなくなり、医療ミスを誘発、天職だった仕事を離れ検死局で働くことになりました。仕事にかまけて夫のトッドとも離婚、娘のレイシーはトッドに引き取られています。
検死局では、ミーガンの能力を買う局長のケイト、ミーガンの私生活にもアドバイスする医療捜査官のピーター、副局長ながらミーガンに下に見られているカーティス、そして若手の分析官イーサンがいます。また、コンビを組む刑事のバドとサマンサは、最初はミーガンに反発しながらも徐々に彼女の真価を認めていきます。

検死官のドラマといえば、「女検死医ジョーダン」や「Silent Witness」なんかがありますが、こちらの検死官は脳外科医出身ということで、しかも離婚し子供もいる、と新しい設定です。
人づきあいが苦手というキャラながら、ミーガンに扮するダナ・ディレイニーが、「デスパレートな妻たち」などのドラマで馴染みがあるせいか、なんか人好きする感じで偏屈な印象は受けません。元夫とのやり取りや、こじれている娘との関係を修復しようとする様子も、なんだか好感持ててしまいます。
しかも元夫は、上司のケイトと付き合い始めてしまいます。「それはありえないでしょう、もっと遠慮しろー」と言いたくなりましたが、それもミーガンに好感を持っているからかな?とも思います。

続きを読む "ボディ・オブ・プルーフ" »

2012年8月 6日 (月)

シャーロック

本場イギリスBBC製作の、現代版シャーロック・ホームズのドラマです。シーズン2の最終話まで見終わりました。

怪我をして戦場を離れた軍医のワトソンは、知り合いからシャーロックをルームメイトにと紹介されます。性格は悪いが並外れた推理力の持ち主であるシャーロックに感心し、結局はルームメイトになることを受け入れ、ロンドン警視庁のレストレード警部の要請で犯罪現場に赴くシャーロックに付き合います。


まず、現代版という設定ですが、これがなかなか気に入りました。ホームズの話は映像化されすぎるているので、やはり新鮮味がなければというのはもちろんですが、現代の文明の利器(ネットに携帯)を駆使して犯罪を解決するホームズは見ていて本当に楽しかったです。
ホームズが現場に行けなくてワトソンが代わりに行くというのは原作でもありましたが、ここではウェブカムで、ホームズもリアルタイムで現地を見たり担当者に話を聞いたりしています。
それに原作では、ワトソンがホームズの冒険談の語り手となり本を出すのですが、現代版でワトソンが書くのはもちろんブログ! アクセス数も一晩で1800を超す人気サイトですhappy01

最初はホームズの変人ぶりに閉口することもあったワトソンですが、シーズン2では、すっかり親友同士。2人がただのルームメイトではなく恋人同士では?というゲイネタもしつこいぐらい出てきますが、それも今っぽいです。

続きを読む "シャーロック" »

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »