2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« 23号室の小悪魔 | トップページ | 犯罪捜査官アナ・トラヴィス »

2012年7月16日 (月)

New Girl

恋人と別れ、部屋を探していたジェスは、3人の男性、ニック、シュミット、ウィンストンとのルームシェアを始めることにします。
ジェスの友人でモデルのシシ狙いでジェスをルームメイトにした3人は、いきなり歌い出したりするジェスに戸惑ったりもしますが、天真爛漫な彼女を仲間として受け入れ、守るようになります。


先日、同時期に見始めた「23号室の小悪魔」の方が好きと書きましたが、あちらに比べハチャメチャ度は若干低めなものの、3人がジェスを見守る様子がほほえましくて、見続けています。
現在13話まで見終わったところで、最初はイマイチに見えたのですが、6話目ぐらいからは、オープニングの「フーズ・ザット・ガール~note イッツ・ジェス!」という歌が頭の中を巡り始め、だんだんハマってきましたhappy01

ハマってきた理由の一つに、ゲスト出演したジャスティン・ロングとの絡みが面白かったというのもあります。彼は、ジェスがボーイフレンドと別れてから初めて付き合うことになった同僚役ですが、なかなかよかったです。

また、失恋して傷心だったニックにも恋人ができましたが、このジュリアが最初ジェスを苦手としていて、その理由を聞いた時に、私もジュリア同様男っぽくてデザート人間じゃないし、フリフリリボン好きの女の子は苦手だし、それでこのドラマを最初イマイチと思ったんだと納得しました。

最初の頃は、映画ネタが結構出ていたのですが、ラトビアに行っていた2年間のブランクを埋めようとするウィンストンが、ネットで情報を集めて見た映画が「英国王のスピーチ」と「ムカデ人間」というのが笑えました。すごい取り合わせ!
また、シシの胸の谷間を見たシュミットが、「127時間」みたいに腕を挟まれたいとか言ってたのには、「なんじゃそりゃ?!」と思わずツッコんでしまいました。

3人の男性の中で、一番のお気に入りはシュミット。でも、笑えるからで、現実に付き合うなら、一番まともな(?)ウィンストンでしょうね。
シュミット役のマックス・グリーンフィールドは、「ヴェロニカ・マーズ」で、ヴェロニカとつきあう副保安官役で結構好きだったのですが、こんなコメディで見ることになるとは。

ジェス役ズーイー・デシャネルについては、「(500)日のサマー」でもコメントしましたが、前述の可愛らしすぎる外見が苦手なんでしょうね。やっぱりお姉さんのエミリーの方がずっと好きです…。

« 23号室の小悪魔 | トップページ | 犯罪捜査官アナ・トラヴィス »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/55212459

この記事へのトラックバック一覧です: New Girl:

« 23号室の小悪魔 | トップページ | 犯罪捜査官アナ・トラヴィス »