2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« The Booth 欲望を喰う男 | トップページ | 女検死医ジョーダン ファイナル »

2012年5月24日 (木)

NUMBERS ファイナル

またもや、お気に入りのドラマが終わりました。(前回の記事はこちら
それにしても、「ブラザーズ&シスターズ」に「Without A Trace」など、最近やたら多いなー。

最終シーズンの中心的ストーリーは、チャーリーとアミタの結婚準備。それにあてられて、ドンも遠距離だった検事のロビンと復活、結婚を考えるようになりました。
ラリーは、過去にも宇宙に行ったり僧院にこもったりしていましたが、またもや現実逃避(?)で旅に出ます。…と思ったら、いつのまにかエプス家のガレージに無断で居候。不思議な人です。

不思議と言えば、時々犯罪捜査に協力しているチャーリーたちの教授仲間も、今シーズンは一層個性的な面々が。
私の一番のお気に入りは、最終話にも出ていた物理学者のアウトバーンことオットー。でも、クローン遺伝子の権威ラズロ(「チャック」にも出てたトニー・ヘイル)も捨てがたいです。
とにかくみんな教授っぽくない。でも、一つのことを突き詰めて成功している学者たちは、変わった人が多くて、見た目普通のチャーリーのが珍しいのかもしれませんね。

最終回は、みんな旅立ちの時を迎えます。チャーリーとアミタの結婚式で終了かと思ったら、冒頭で早々と予定外の簡易結婚。そして2人はケンブリッジへ行くことになり、ドンとチャーリーが向かい合って「最後の共同作業」と言うところは、ちょっとしんみり…weep
シンクレアはワシントンへ栄転、ドンは昇進。私の大好きなコルビーだけは変わらず、恋人のようだった相棒シンクレアの代わりに、ニッキーとリズと共に今後もFBIで活躍頑張ってくれることを祈りましょう。

ちなみに、シンクレア役アリミ・バラードは、「NCIS」のシーズン8に出ていましたね! 他でも活躍しているのを見て嬉しくなりました。

« The Booth 欲望を喰う男 | トップページ | 女検死医ジョーダン ファイナル »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/54792023

この記事へのトラックバック一覧です: NUMBERS ファイナル:

« The Booth 欲望を喰う男 | トップページ | 女検死医ジョーダン ファイナル »