2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« Law & Order シーズン20 | トップページ | アーティスト »

2012年4月 6日 (金)

テイク・シェルター

ホラー映画嫌いの私は、心理パニック映画なんかも苦手なのですが、雑誌「カイエ・デュ・シネマ」で評判がよかったのと、マイケル・シャノンの怪演(?)が見たかったのとで、映画館まで足を運びました。

カーティスは、ある日、ものすごい大嵐が来る夢を見ます。そして、飼っている犬がかみついてきたり、通りで人間に襲われたりする夢も見ます。最初は、夢だからと一蹴しますが、そのうち起きている時にも幻聴に悩まされるようになります。
実は、彼の母親は、彼と同じ30代で統合失調症との診断を受けたので、自分も発症しかかっているのではと診察を受けたりもしますが、悪夢・幻覚は改善しません。そして、嵐を避けるためのシェルター作りをしようとする自分を、どうしても抑えることができず、周りの白い目をよそに、着々と準備を進めます。


見始める前に、悪夢を見る話だと知っていたのでよかったのですが、冒頭でいきなり、嵐の予兆を見るカーティスが映り、夢か現実かわからない提示のされ方に、ちょっと困惑しました。でも、徐々に、極端なシーンは現実じゃないとわかり、その後は、夢から覚めるシーンを映してくれたので、今のは夢だったとわかるようになりました。
カーティスが起きる時に、いつも奥さんはベッドにいなくて、彼の悪夢を知らないのが変だなーという感じでした。あんなに叫んでたら、起きて隣の部屋にいても気付きそうなものなのに。しかも、奥さんと仲よさそうな割には、カーティスはなかなか彼女に真実を語ろうとしませんでした。

打ち明けたのは、2人で寝ている最中にけいれんを起こして、さすがに奥さんがおかしいと気付いたとき。そして、奥さんは彼のお兄さんに連絡をとりますが、このお兄さんはごく普通で、母親の病気に恐れを感じているカーティスと対照的。お兄さんだって、発症の可能性は同じだけあるはずなのに。

展開がスローだとか、中だるみするとかの評も聞きましたが、私は、じっくり進んでいく様子が結構よかったです。異常な鳥の群れを見てドキドキしたり、人に襲われる夢が怖かったりして、多分、これでスピードが速いと、私の中では許容範囲を超えてしまったかも。
あれこれ考える私は、これで本当に嵐が来て、「28日後…」みたいに、シェルターから出たら周りがみんなおかしくなっていたとかだったら怖いなーとか思ってしまいました。実際はそういう展開ではありませんでした、よかった!happy01

レボリューショナリー・ロード」でも言及したマイケル・シャノンは、最近では「ボードウォーク・エンパイア」(続き物のため、私は3話で挫折)などにも出ていますが、ここでも怪演/名演でした。
そして、献身的な妻を演じた、ジェシカ・チャスティン。「ツリー・オブ・ライフ」や、アカデミー賞にノミネートされた「ヘルプ」など、最近出演作が目白押しですが、彼女もとてもよかったです。

« Law & Order シーズン20 | トップページ | アーティスト »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/54414579

この記事へのトラックバック一覧です: テイク・シェルター:

« Law & Order シーズン20 | トップページ | アーティスト »