« ハワイから戻りました! | トップページ | 人生はビギナーズ »

2012年3月 4日 (日)

スーパー・チューズデー

行きに見た機内映画は、年始にコメントした(詳しくはこちら)ライアン・ゴズリングの映画です。

大統領選を戦うモリスの広報官として、若いながらも実力を発揮するスティーブン。選挙事務所で働くインターンのモリーに惹かれています。
ある時、ライバル事務所の選挙参謀から、実力を買われて引き抜きにあいます。スティーブンは断りましたが、密会したことが記者にばれ、ボスの心証を悪くして首になってしまいます。
ライバル事務所に向かったものの、記者にばれてしまった以上、もう雇えないと言われたスティーブンは、策略を用いることにします。

ゴズリングにジョジクルということで、かなり期待して見てしまったのが仇になったのか、機内映画にありがちな、客室乗務員、機内アナウンスによる中断で集中力が欠如したからか、はっきり言って、ちょっとがっかりな内容でした。

今年はアメリカ大統領選の正念場ということで、タイムリーさを狙った映画なのかもしれませんが、政治の駆け引きに目新しさはなく、足の引っ張り合いも見飽きた感じでした。ドラマ「ザ・ホワイトハウス」や、大統領選ではなく州検事選だけど「グッドワイフ」でも同様の選挙戦を展開しています。なので、今更な感じで、特に興味をかきたてられる要素はありませんでした。

注目したとすれば、ライバル事務所の選挙参謀を演じたポール・ジアマッティ(「幻影師アイゼンハイム」でも言及)。狡猾な感じがグッド!
それから、記者役のマリサ・トメイ(「レスラー」でコメント済み)もよかったです。

大好きなライアン・ゴズリングは、欲目に見てもちょっとイマイチ。きっと彼は、どちらかというと、素朴で陰のある役が似合い、こういう狡賢い役はダメなのかも(私のイメージでは)。

« ハワイから戻りました! | トップページ | 人生はビギナーズ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/54140194

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー・チューズデー:

« ハワイから戻りました! | トップページ | 人生はビギナーズ »