2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« インセプション | トップページ | レボリューショナリー・ロード »

2012年2月19日 (日)

男と女の不都合な真実

恋愛指南する相手と恋に落ちるっていう設定が、サラ・ジェシカの「恋するレシピ」を思い起こさせたのですが、こちらの方がずっとよかったです。もちろん、ツッコミどころはありましたが…。

TVプロデューサーのアビーは、担当番組の視聴率低下で、テコ入れを迫られています。帰宅後見ていたテレビで、偶然恋愛指南するマイクを見たアビーは、彼に電話して対抗したところ、マイクの受け答えがボスに受けて、彼女の番組に呼ばれてしまいます。
最初はマイクと敵対していましたが、恋愛でいつも失敗しているアビーは、マイクのアドバイスを受けて、隣人のイケメン医師コリンをゲットできて以来、彼の能力を評価し始めます。

最初に、アビーが失敗するデートの例が出るのですが、その設定がおバカすぎなのが気になりました。いくら敏腕プロデューサーで仕事一筋だったからって、ここまでひどいデートするかな? でも、あんなに美人なんだから、デートがこれほどひどくなければ、とっくに彼氏ができているかも、と思ったりも。
この失敗デートの相手は、ケビン・コノリー(「アントラージュ」)。もっと絡むかと思ったのに、最初に出てくるだけで、ちょっとがっかり。

アビーの家には、一人暮らしの女性にお約束の(?)ネコがいるのですが、このネコがリモコンを押してマイクの番組をつけ、庭の木に登っちゃって捕まえようとしたアビーがコリンに出会うという、かわいくてキューピッドのようなネコで、よかったです。私も飼おうかなーbleah

個人的には、くどい顔のジェラルド・バトラー演じるマイクより、あっさり顔のコリンの方が、好みでした。コリン役のエリック・ウィンターは、「ブラザーズ&シスターズ」で、ロブ・ロウ演じるロバートのゲイの弟です。

« インセプション | トップページ | レボリューショナリー・ロード »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/54026666

この記事へのトラックバック一覧です: 男と女の不都合な真実:

« インセプション | トップページ | レボリューショナリー・ロード »