2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« サンキュー・スモーキング | トップページ | JAG×NCIS »

2011年9月 2日 (金)

トロピック・サンダー

こんなに楽しめたコメディは久々でした! 「ドッジボール」でも言及したベン・スティラーは、多分アダム・サンドラーと1,2を争う、私の好きなコメディ俳優なので、当然といえば当然ではあるのですが。

戦争映画に出演する俳優のタグ、カーク、ジェフたちが、いつのまにか本当に敵と戦うことになってしまったというコメディ。この概要だけ聞いた時には、やはり俳優が仕事と思って行ったら実際の出来事だったという「サボテン・ブラザーズ」を思い起こし、2番煎じじゃないのー?と疑いの目で見始めたのですが、ハンパじゃなく面白すぎました。

多分、笑いのネタの多くが、映画好きが楽しめる要素だったからだと思います。戦争映画ということで、「地獄の黙示録」や「プラトーン」をパロディ化したようなシーンも多く、映画俳優たちが主役なので、劇中劇で行軍中も映画についての世間話が笑えました。

例えば、アクションスターのタグがシリアス路線を狙ってコケた映画について語るシーン。カークが、「レインマン」のD・ホフマン、「フォレスト・ガンプ」のT・ハンクスがアカデミー賞を取ったのに、「アイ・アム・サム」のS・ペンは完ぺき過ぎて取れなかったと例に出し、完璧すぎるからダメだったんだと慰めます。

また、別のシーンでは、同じ隊のケヴィンが、HD DVDとブルーレイの攻防を語っています。個人的な話で恐縮ですが、ちょうど昨日、私はとうとうブルーレイ・レコーダーを買ったので、すごくタイミング良く印象的でした。実は劇中ではHD DVDの勝利を匂わせていたのに、その後形勢が変わってしまったため、後から吹き替えで内容を変更したという裏話を、特典映像の音声解説でばらしてました。
カークのセリフもケヴィンのセリフも、両方脚本にない役者のアドリブだそうで、アドリブがうまく活きるのも、この映画の面白さの秘訣だと思います。

冒頭で流れる偽の映画の予告編も面白かったです。ロバート・ロドリゲスの「プラネット・テラーinグラインド・ハウス」という映画で予告編として登場した「マチェーテ」が実際に映画として作られたように、ここの予告編も本当に作っちゃえばいいのに、と思いましたbleah
私は、3本の予告編の中で、特に、オスカー俳優カーク・ラザラスのDevil's Alleyという映画が見たいです。トビー・マグワイアが超カメオで出てて、しかも、ラストのアカデミー賞のシーンで男優賞にノミネートされていましたしね!

カークを演じるロバート・ダウニー・Jrについては、ついこの間「路上のソリスト」で触れたばかりですが、公開時に配役を聞いて、なぜ?と思ったものでした。シリアス俳優がコメディをやりたい気持ちはわかりますが、黒人役ということでも話題になっていたし。
でも、この映画を見て納得しました。カークはオーストラリア人(白人)の演技派俳優という設定で、劇中劇で黒人の役をやるという複雑な構成で、彼のような才能をもってしなければ、黒人の役をやる演技派俳優をコミカルに演じるなんて芸当はできなかったに違いありません。彼は、話し方も、低いダミ声に変えていて、「路上の…」の彼とは違う役作りをしっかりしてました。
先のアドリブにしても、しかり。他の映画でも彼はアドリブ上手と聞いていたし、そのロバートの才能には、もうすっかり脱帽。やっぱりファンを再開(?!)しようかなー、と思いました。

もう一人、印象的だったのは、レス・グロスマンというスタジオの大物ボス役のトム・クルーズ。最初、彼だとはわかりませんでした。普段のカッコいいトムのファンなら見たくないだろう、禿げ頭にデカ鼻に眼鏡をかけ、手も大きく、胸毛もモジャモジャ(オースティン・パワーズ風!)という出で立ちだったのですが、すごくいい味で、普段の彼の映画より生き生きして見えました。大きなお尻を揺らしてダンスする様も大笑い。トム・ファンには申し訳ないけど、私はこういう彼のが好きですねhappy01

« サンキュー・スモーキング | トップページ | JAG×NCIS »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/52632008

この記事へのトラックバック一覧です: トロピック・サンダー:

« サンキュー・スモーキング | トップページ | JAG×NCIS »