2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« 扉をたたく人 | トップページ | キャント・バイ・ミー・ラブ »

2011年9月11日 (日)

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

ティム・バートンらしい、キッチュでおどろおどろしい映画でした。happy01
有名なミュージカルで、私もストーリーは知っていましたが、実際に見たことはないので比較はできませんが、きっと、”らしい”作りになっているのでしょうね。

主人公の理髪師ベンジャミンは、美しい妻と生まれたばかりの娘と幸せの絶頂でしたが、妻を見初めた判事に無実の罪で投獄され、15年後にようやく戻ってきます。
彼は、スウィーニー・トッドと名前を変え、以前いた場所に再び理髪店を開きます。大家のラベット夫人から、妻は不幸のあまりに毒を飲んでしまったこと、そして残された娘は判事が引き取ったことなどを聞かされ、判事に復讐することが生き甲斐になります。

ジョニー・デップは、この映画出演に(というより歌に)抵抗があったらしいのですが、私は「シザーハンズ」といい、「チャーリーとチョコレート工場」といい、バートン印の扮装ものになると彼は生き生きとしているように見えます。きれいな顔立ちをわざと隠して喜んでる風なのは、気のせいでしょうか。

また、バートンの公私にわたるパートナーであるヘレナ・ボナム・カーターも、バートンは「ちゃんとオーディションして選んでる」と言っているようですが、スウィーニー・トッドをけしかけたり、こわーいパイを作ったりする様子が鬼気迫っていました。彼女は、いつもレッド・カーペットで変なファッションをしてひんしゅくを買っていますが、女優としてはすばらしいことは、「英国王のスピーチ」でもよくわかります。

悪役がお似合いのアラン・リックマンももちろんよかったのですが、私は、トビーという男の子が一番気に入りました。最初、スウィーニー・トッドのライバルである、理髪師ピレリ(サシャ・バロン・コーエンがビミョーでしたdespair)の使い走りをしているのですが、トッドがピレリを殺しちゃった後は、ラベット夫人の手伝いを始めます。かわいいし、歌も上手だったし、ラストも重要な役どころで、とても印象に残りました。

« 扉をたたく人 | トップページ | キャント・バイ・ミー・ラブ »

映画」カテゴリの記事

コメント

ようさん・・・・
今回、ようさん=私、視聴した作品、必死に探しましたが・・・
(ここでね)
もうもう!全く接点がなくて・・・というか、私が何にも視聴していないのですが(涙)

やっと!合致するモノが~!!(感動感涙)

これ、良かったですよね~!!
夫が「不気味だから、一人で見ろっ」と言って
映画館前で、ポイ捨てされました(笑)

いやいや、御伽話のようでした。そんな感じがしましたよ。
狂女の正体が・・・って、分かっちゃうよね(ウンウン)
その絶望感もツボで・・・ワクワクドキドキ(ウンウン?)

でも、パイ屋さんの隣で、死体焼いて・・・絶対臭いで分かるだろって。
というのが、自己突込みでした。

コレ、皆さん、自分で歌っているんだよね。
御伽話に思っていたから、いきなり歌いだしても違和感ありませんでしたよ。
リックマン・・・・スネイプ先生~!!(笑)

ようさんのお気に入りのトビー君。
思い出して・・・金髪のかわいい子、でしたっけ??

リィンさん、わざわざ共通項を探していただいちゃってすみません。
私がマイナーな映画ばっかり見ているからですよね...。
もう少し一般的な映画も見るようにします! 
(直近の目標は「ハンニバル・ライジング」)
ところで、話は変わりますが、「どこ行くの、パパ?」を読み始めました。
私も目下、涙目ちゅうです。weep

ようさん~接点がないのは、私が全面的にダメダメちゃんだからですよ。
私が、映画&ドラマ、殆ど視聴しない。
そして、読む本と言えば、ナ〇スやホロコースト、戦争もの
犯罪&犯罪者、死刑&拷問・・・など、だからですよ。
・・・・こんな私が、お邪魔して、申し訳ないッスよ(ペコリ)

Waterston至上主義者になってからは、彼の作品は鑑賞しますが(エヘヘ)
『どこ行くの、パパ?』アァ=========!!!
泣きますよネェ。
ホント、これは心が泣きますよ。ジョークを纏った悲哀が・・・(泣き)
エッと・・・・映画、ウディ・アレン、宜しかったら!!(ペコリ)
Watwrston、4作品出演していますので・・・
『インテリア』『ハンナとその姉妹』『セプテンバー』『重罪と軽罪』
私、アレンが自作を語る本まで購入しましたよ・・・・!
映画初心者な私には、アレンはなかなか手強そうだったし、ではなく
Waterston話、ないかな=って邪な心で購入(笑)
『インテリア』は、ようさん、お気に召すかも~ですよ。

リィンさん、ウディ・アレンのお薦め、ありがとうございます。
「ハンナとその姉妹」「セプテンバー」「重罪と軽罪」は見ましたが、
一番のおすすめ作「インテリア」は見そびれているので、
今後のリストに是非入れさせていただきます。
私がアレン映画で好きなのは、「カイロの紫のバラ」です。
やっぱり映画好きだからですかね。
ミア・ファローも可愛かったですし。
そういえば、相手役は「ニュースルーム」のジェフ・ダニエルズでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/52722130

この記事へのトラックバック一覧です: スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師:

« 扉をたたく人 | トップページ | キャント・バイ・ミー・ラブ »