« クローザー | トップページ | 王立警察 ニコラ・ル・フロック »

2011年8月11日 (木)

エクスペンダブルズ

ロッキー・ザ・ファイナル」でも触れたこの映画をようやく見ました。
公開時のポスターが、往年のアクションスター勢ぞろいって感じだったし、タイトルもあって、私が想像した内容は、使い捨て可のオヤジ軍団が最後にひと花咲かせるみたいなものと思っていました。で、現役のジェーソン・ステイサムとジェット・リーの立ち位置がわからないなーとか考えていたのですが、ちょっとストーリーは違いましたね。

まず、「エクスペンダブルズ」はオヤジ軍団ではなく、オヤジなのはスタローンだけsmile。ドルフ・ラングレンもいるけど、途中で抜けちゃうし。で、チームにはステイサムとリーもいて、お金を積まれて動く傭兵軍団です。新しい任務では、南米に近い小さな島の将軍を狙うのですが、向こうも軍隊を抱えていて、大金を積まれても死に行くようなもの。一度は仕事を断ろうとするのですが、現地を視察した時に出会った娘のために、戻ることを決意します。

彼らが強いとわかるのが、まず、スタローンとステイサムの二人で、あっという間に20人ぐらいの軍人を倒しちゃうこと。しかも、ステイサムは銃でなくナイフ1本で、あれよあれよという間に殺します。それを見ちゃったら、今度はステイサムが1人で6人相手にするのを見ても、結果はわかろうというもの。こちらは、殺さないで痛めつけるだけなので、ナイフも使わず素手で倒します。超かっこよくて、さすがトランスポーターbleah と思ってしまいました。

もう一人よかったのは、ドルフ・ラングレン。彼は、最初エクスペンダブルズにいますが、スタローンに首にされちゃって、敵に寝返ることにします。で、ジェット・リーと一騎打ちがあるのですが、小柄ですばしっこいリー相手に、老体鞭打ってcoldsweats01 戦う姿はなかなかでした。ネタばれでスミマセンが、撃たれて死んじゃったと思ったら生きてたので、続編では、是非チームに戻って戦ってほしいです。

悪役好き・脇役好きの私は、「ロッキー4」でもハンサムなドラゴの方が好きで、その後ジャン・クロード・ヴァンダムと共演した「ユニバーサル・ソルジャー」など、結構気に入って見ていたのですが、すっかり表舞台から離れてしまっていたので、今回久々に見ることができて嬉しかったです。

そのほか、「レスラー」でコメントしたミッキー・ロークや、「食べて、祈って、恋をして」で「いずこに?」と言っていたエリック・ロバーツなども出ていますが、やっぱりノンクレジットのシュワちゃんでしょう。チラ出ながら自虐ネタまでやっちゃって、笑えました。

« クローザー | トップページ | 王立警察 ニコラ・ル・フロック »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/52456881

この記事へのトラックバック一覧です: エクスペンダブルズ:

« クローザー | トップページ | 王立警察 ニコラ・ル・フロック »