« グレゴリー・ハウスの夢 | トップページ | サンキュー・スモーキング »

2011年8月31日 (水)

路上のソリスト

才能のあるチェリストだったのに、統合失調症のためにジュリアードを退学、ホームレスとなっていたナサニエルのことを、偶然知り合ったLAタイムズの記者ロペスが記事にしたことから、ナサニエルの生活が変わっていきます。

ここにはまず、統合失調症という大きな問題が存在します。私はこの病気について詳しく知っているわけではありませんが、こんなに普通に他人とコミュニケートできるものなのでしょうか? 私の中では、とめどなく一人でしゃべっているだけ、というイメージだったのですが。それとも、それは自閉症だけ?

とにかく、実話に基づくストーリーなので、ロペスがナサニエルと仲良くなり、彼の援助を申し出たのは事実で、どこまで手を出すかという葛藤はとてもよくわかりました。あまりに環境を変えたり、病気の発症・悪化の原因ともなった出来事を再現させてしまったら、意味はないわけですから。

ロペスが、プロのチェロ奏者クレイドンの勧めを受けて、ナサニエルのリサイタルを開こうとした時に起こるトラブルは、その辺りの難しさを表していました。逆にナサニエルがロペスに近づきすぎて、責任が重くなりすぎてロペスが抵抗する時もありました。

タイトルの「ソリスト」は、もちろんナサニエルのことを指すわけですが、一人の、孤独な、という意味では、ロペスにも当てはまると思いました。離婚し、子供とも疎遠で、一人ぼっちのロペスが、やはり孤独だったナサニエルと出会ったとき、それはロペスにとっても、人生の転機、再生へのきっかけだったのではないかと思います。

記者ロペスを演じるのは、「シャーロック・ホームズ」のロバート・ダウニー・Jr。私は、初期の「ワン・モア・タイム」や「チャーリー」の頃、才能ある彼が大好きだったのですが、その後ヤク中で身を持ち崩してしまい、もう再起は無理かな、と勝手に思っていました。

「アリーmyラブ」のラリー役もよかったのですが、「グッドナイト・グッドラック」や「ゾディアック」ぐらいから、本当に完全復活を遂げたようで、彼の才能が埋もれずに済んで良かったです。でも、「アイアンマン」なんかやっちゃうのはどうなのかな? まだ見ていないので批評はできませんが、私の中では彼のイメージじゃなくって。でも、続編が作られるくらいだから、きっとよかったのでしょうhappy01。そのうち見たいと思います。

« グレゴリー・ハウスの夢 | トップページ | サンキュー・スモーキング »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/52599837

この記事へのトラックバック一覧です: 路上のソリスト:

« グレゴリー・ハウスの夢 | トップページ | サンキュー・スモーキング »